*カタロニア讃歌

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1975年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784042334026

*カタロニア讃歌

  • 著者 ジョージ・オーウェル
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1975年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784042334026

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「*カタロニア讃歌」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • スペイン内戦と言えば、ヘミングウェイの『誰がために鐘は鳴る』もしくはアンドレマルロー『希望』を思い出す。だから、ファシズムに対する壮絶な戦いかと思いきや、冒頭からどこか長閑と言っていいほどの呑気さと、 スペイン内戦と言えば、ヘミングウェイの『誰がために鐘は鳴る』もしくはアンドレマルロー『希望』を思い出す。だから、ファシズムに対する壮絶な戦いかと思いきや、冒頭からどこか長閑と言っていいほどの呑気さと、あの『1984』の雰囲気が一致しなかつた。オーウェルが スペインから逃げ出すきっかけとなるバルセロナの攻防戦ですら、我が身が受けた襲撃をどこか他人事に書いている。が、解説を読んで納得。反ファシズムの為に戦う労働党も一つではなく、オーウェルが戦った同盟はマルロー達とは違う。そしてこの文体。色々と考えさせられる。 …続きを読む
    ケイ
    2017年08月17日
    155人がナイス!しています
  • ジョージ・オーウェルがスペイン内戦に参加した時の体験談。38ページに及ぶオーウェルの生い立ちなどを詳説した解説は充実。本書を読み解く時、注意したいのは、オリジナルの共産主義思想の究極の姿とは何か、それ ジョージ・オーウェルがスペイン内戦に参加した時の体験談。38ページに及ぶオーウェルの生い立ちなどを詳説した解説は充実。本書を読み解く時、注意したいのは、オリジナルの共産主義思想の究極の姿とは何か、それに対してスターリン主義のとる粛清をはじめとする残虐行為・考え方の違いをはっきり区別すること。本作で「共産主義者」と書かれているところは、ほとんどは「スターリン主義者」と置き換えて読み、一般的・思想的な共産主義思想とはまったく別物である。 …続きを読む
    荒野の狼
    2020年11月02日
    3人がナイス!しています
  • 角川文庫版。絶版?高畠文夫氏の訳が素晴らしい。訳者あとがきで紹介されているオーウェル批評家のレイモンド・ウィリアムズの言葉が印象深い。「オーウェルは大家とか予言者として扱うべき人物ではない。混乱し分裂 角川文庫版。絶版?高畠文夫氏の訳が素晴らしい。訳者あとがきで紹介されているオーウェル批評家のレイモンド・ウィリアムズの言葉が印象深い。「オーウェルは大家とか予言者として扱うべき人物ではない。混乱し分裂した人物として取り扱い、読む場合に、注意深く吟味すべきである」。本書では現在ではもはや周知のことであるが、スターリン主義のもつ陰湿さが、現場にいた作者の目を通して生々しく描かれている。 …続きを読む
    あば
    2015年12月23日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品