試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041091999

対話篇

  • 著者 金城 一紀
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041091999

本当に愛する人ができたら、絶対にその人の手を離してはいけない――。

運命に立ち向かえ。希望に手を伸ばせ。
何度読んでも心に刺さる、唯一無二の中篇集。

「彼女が死んだのは、僕のせいなんだ」
親しい人が非業の死を遂げる。そんな数奇な宿命を背負った友人が僕に語ったのは、たった一度の運命の恋の物語だった――(「恋愛小説」)。
余命わずかな大学生と友人Kによる復讐劇を描いた「永遠の円環」、脳の疾病を抱えた青年と老弁護士・鳥越が、過去の記憶をたぐりながら旅をする「花」。
悲しみに沈む者たちが、対話を通じて光を見出してゆく全3篇。
切なくも愛溢れる、珠玉の中篇集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「対話篇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 真っ白な本。店頭で吸い込まれるように手に取り、読み始めて、気がついたら読み終わっていた。 読後、メメント・モリという言葉を思い出した。 人はいつか死ぬ。当たり前だけれど、なんとなくその日ことを思い浮か 真っ白な本。店頭で吸い込まれるように手に取り、読み始めて、気がついたら読み終わっていた。 読後、メメント・モリという言葉を思い出した。 人はいつか死ぬ。当たり前だけれど、なんとなくその日ことを思い浮かべながら読み進めていた。 …続きを読む
    はるを
    2020年12月08日
    1人がナイス!しています
  • 登場人物の言葉一つ一つが哲学じみていて、独特な世界を感じた。薄暗いけれど光があるような、残酷でいて心が現れるような感じがした。今の自分には言葉で表せない。何年経っても表せないかもしれない。真っ白な表紙 登場人物の言葉一つ一つが哲学じみていて、独特な世界を感じた。薄暗いけれど光があるような、残酷でいて心が現れるような感じがした。今の自分には言葉で表せない。何年経っても表せないかもしれない。真っ白な表紙が印象的。 …続きを読む
    た     け
    2020年11月13日
    1人がナイス!しています
  • 1P17行。元の本は2003年刊。この作品集はかなり以前に別の文庫で読んだことがある。「花」は映画化され、たしか公開時に映画館で見て、そちらも地味に好きだった。大沢たかおと柄本明の姿が浮かぶ。著者紹介 1P17行。元の本は2003年刊。この作品集はかなり以前に別の文庫で読んだことがある。「花」は映画化され、たしか公開時に映画館で見て、そちらも地味に好きだった。大沢たかおと柄本明の姿が浮かぶ。著者紹介には生年といくつかの作品名があるだけで、出身地や直木賞受賞の経歴の記載はない。解説もない。いらないのだろう。この本は他の角川文庫とはちがい、背表紙までもが白一色で特別なデザインが施されている。ストーリーはだいたい覚えていた。久しぶりに再読して、改めてどの話も印象深いと感じた。 …続きを読む
    CEJZ_
    2020年09月02日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品