お金の日本史 和同開珎から渋沢栄一まで

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年11月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784044005610
ニコカド祭り2020

お金の日本史 和同開珎から渋沢栄一まで

  • 著者 井沢 元彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年11月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784044005610

商売は「クズの中のクズ」の所業!? 現代の常識では見えない歴史新講義。

・ 和同開珎は脱・大中華をめざす日本の「独立宣言」だった
・ 硫黄と硝石こそ歴史を動かす戦略物資だった
・「 本能寺の変」が昭和経済にまで影響した
・ 神君家康公は貿易拡大に積極的な開国論者だった
・ 徳川吉宗は百姓を徹底的に絞り上げた「名君」だった
・ 江戸幕府は「朱子学バカの経済オンチ政権」だった。
・「 渋沢なき資本主義」は「倫理なき資本主義」だ。

日本はなぜ、経済大国への道を拓けたのか。教科書には載っていない必読の歴史講義。


第一章 和同開珎の謎
  一、大中華思想からの脱却
  二、新貨幣のメッセージ
  三、黄金の国・日本の失敗

第二章 中世社会の闇――幕府腐敗と寺社勢力
  一、海を渡る戦略物資
  二、将軍家の腐敗と蓄財
  三、大改革者・織田信長

第三章 帝国主義の脅威と戦国時代
  一、大名たちの台所事情
  二、鉄砲伝来・キリスト教・唐入り
  三、商売を害する朱子学の毒

第四章 脱・朱子学と資本主義への道
  一、江戸「三大改革」の虚実
  二、朱子学バカの幕末維新
  三、日本資本主義の父・渋沢栄一

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「お金の日本史 和同開珎から渋沢栄一まで」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ・「和銅」と改元して「記念硬貨」と言うべき和同開珎を鋳造したのは、白村江の戦いで敗れはしたものの、東アジアにおいて唐と体等の国家であることを示すための一連の事業のスタート ・信長は信教の自由と利権打破 ・「和銅」と改元して「記念硬貨」と言うべき和同開珎を鋳造したのは、白村江の戦いで敗れはしたものの、東アジアにおいて唐と体等の国家であることを示すための一連の事業のスタート ・信長は信教の自由と利権打破のために戦った ・信長は農業と商工業という二つの財布を持とうとした ・京の商人がノブナガミクスの支持者になる ・中世の経済を支配していたのは寺社勢力でありそれは強大な武力集団でもあった ・江戸幕府は「朱子学バカの経済オンチ政権」 ・不可能を可能にした『論語と算盤』 ・「渋沢なき資本主義」は「論理なき資本主義」 …続きを読む
    藤井 粛人
    2020年11月22日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品