試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年02月28日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041089057

眠りの神

  • 著者 犬塚 理人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年02月28日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041089057

東京で私的な安楽死処置を続ける〈ミトリ〉の存在は正義なのか、悪なのか?

スイスで黙認されている安楽死=自殺幇助を行う団体のスタッフである若き医師・絵里香は東京で起こった自殺幇助事件の真相を確かめるために日本に渡る。尊厳を守るため死を選ぶことは正しいのか、それとも――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「眠りの神」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 結局、殺すも生かすも人間の術なく天命に任せるでいい気がする…それは実際の伴わない愚者の戯言だけれども…安楽死という難解な主題を、否とみなす日本と可とするスイスはじめ諸外国の考え方の違いに重ねながら一気 結局、殺すも生かすも人間の術なく天命に任せるでいい気がする…それは実際の伴わない愚者の戯言だけれども…安楽死という難解な主題を、否とみなす日本と可とするスイスはじめ諸外国の考え方の違いに重ねながら一気に読ませるリーダビリティはスゴい!専門的な見解よりも、あえて身近な事象や心情で描くのが分かりやすい。本人が楽を求めた決断を残された者は悔み続けるという事実が重く響く…ただ、ミトリなる存在による自殺幇助の正体は意外ではあったものの、ほぼ構成から予測出来るままアッサリ…スッキリしないラストはテーマ故にやむを得ず… …続きを読む
    nobby
    2020年06月20日
    147人がナイス!しています
  • デビュー作「人間狩り」で一気にハマってしまった犬塚さんの二作目。本作もただのミステリーだけに留まらず、日本国内ではまだ認められていない安楽死についても深く考えるきっかけとなった。主人公はスイス人の父と デビュー作「人間狩り」で一気にハマってしまった犬塚さんの二作目。本作もただのミステリーだけに留まらず、日本国内ではまだ認められていない安楽死についても深く考えるきっかけとなった。主人公はスイス人の父と日本人の母を持つ医師・絵里香・シュタイナー。東京で起きた自殺幇助事件の真相を確かめる為に日本に渡る所から物語は展開して行く。自殺幇助団体“ヒュプノス”の元メンバー・神永がひた隠す秘密に胸を打たれるも、立て続けに起きる自殺幇助事件と合間に挟まれる犯人の日記には不気味さを感じる。予想外の犯人とエピローグは衝撃的。 …続きを読む
    四つ葉🍀
    2020年05月03日
    117人がナイス!しています
  • 先日も京都で起こった安楽死事件。日本では法的に認められていない自殺幇助が大きな問題提起を投げかけているが、この作品も色んな事を考えさせてくれる。スイスの自殺幇助団体のボランティアをする女性が東京で連続 先日も京都で起こった安楽死事件。日本では法的に認められていない自殺幇助が大きな問題提起を投げかけているが、この作品も色んな事を考えさせてくれる。スイスの自殺幇助団体のボランティアをする女性が東京で連続して起きているある殺人事件を調べに日本にやってくる。安楽死を求める患者が苦しんで死ぬとは。それに関わった一人の人間の身勝手な欲望。スイスと日本の相違、ミステリー要素の中に含まれる安楽死、尊厳死、自殺幇助。何が正しくて何が間違っているのか、日本で答えが出されるのはまだまだ先なのかも知れない。望むのは安らかな死。 …続きを読む
    タイ子
    2020年08月05日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品