試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044005511

ガロア 天才数学者の生涯

  • 著者 加藤 文元
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年01月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784044005511

数学界を揺るがす理論を打ち立て、20歳で世を去った数学者の激動の生涯

第一章 少年時代
1 ガロアとその家族
2 リセでの生活

第二章 数学との出会い
1 数学者ガロア誕生
2 ルジャンドル『幾何学原論』
3 数学への渇望

第三章 数学史的背景
1 エコール・ポリテクニーク
2 西洋数学の流れ
3 方程式を解く

第四章 デビューと挫折
1 〈数学者ガロア〉デビュー
2 二つの不幸
3 エコール・ノルマル入学

第五章 一八三〇年 ――革命と放校
1 七月革命
2 革命の傍らで
3 放校

第六章 一八三一年  ――獄舎の中で
1 三度目の論文
2 「ルイ・フィリップに乾杯!」
3 獄舎の中で
4 ガロアの黙示録

第七章 一八三二年
1 恋愛事件
2 決闘

あとがき、文庫版あとがき

(本書は2010年に中公新書より刊行された『ガロア 天才数学者の生涯』を加筆修正のうえ、文庫化したものです)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ガロア 天才数学者の生涯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ガロア群論と呼ばれる数学の一分野を弱冠20才の若さで見出したエヴァリスト・ガロアの生涯を描く一冊。20才になるまでに数学的才智をいかんなく発揮しながらも、政治活動に無鉄砲に突っ込み、最後は決闘によって ガロア群論と呼ばれる数学の一分野を弱冠20才の若さで見出したエヴァリスト・ガロアの生涯を描く一冊。20才になるまでに数学的才智をいかんなく発揮しながらも、政治活動に無鉄砲に突っ込み、最後は決闘によって死んでしまうガロア。その短くも鮮やかな人生を描く。決闘の前夜に自分の論文を修正しながらも「私には時間がない」と証明を省かざるを得なかった部分に、彼がもっと長く生き永らえていたならばと嘆息する。その無鉄砲さがなければと思う反面、生育環境・社会情勢によってガロアの性質も生み出されたのかなとも感じた。 …続きを読む
    ユウ
    2020年02月29日
    0人がナイス!しています
  • ガロアの”特別扱い”については腑に落ちた。「悲劇の人生」については、不運と言うよりは自業自得に近いんだな。 功績についてはきちんと評価されていて、数学者ならではのバランスの取れた評伝。 しかしながらな ガロアの”特別扱い”については腑に落ちた。「悲劇の人生」については、不運と言うよりは自業自得に近いんだな。 功績についてはきちんと評価されていて、数学者ならではのバランスの取れた評伝。 しかしながらなくなってしまった論文については惜しい… …続きを読む
    hidehi
    2020年02月06日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品