力をぬいて 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月22日
商品形態:
電子書籍

力をぬいて

  • 著者 銀色 夏生
発売日:
2019年11月22日
商品形態:
電子書籍

銀色流生き方エッセイ ―外的要因に左右されない個人的幸福の試み―

銀色流生き方エッセイ。
―外的要因に左右されない個人的幸福の試み―
「すべての恋愛は片思いである」「人との関係」「私と仕事」「未完成さを受け入れる」など99のテーマについて、真摯に書き綴った随筆集。30年にわたる執筆活動を通して自問自答してきた2019年時点での結論を一冊に凝縮。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「力をぬいて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 二十代初めに角川文庫を擦り切れるほど読んだ銀色夏生さん。こうして新刊本、集大成ともいえる本を読める喜び。「何を決めたかを忘れないこと」に、いたく共感。 二十代初めに角川文庫を擦り切れるほど読んだ銀色夏生さん。こうして新刊本、集大成ともいえる本を読める喜び。「何を決めたかを忘れないこと」に、いたく共感。
    ツキノ
    2020年01月02日
    8人がナイス!しています
  • 毎年楽しみにしている「つれづれノート」の著書であり、詩人の銀色夏生さんの、今の想いが詰まっています。自分で決めること、外の世界に左右されずに生きることへの銀色さんの強い思い。その思いになるほどと頷きな 毎年楽しみにしている「つれづれノート」の著書であり、詩人の銀色夏生さんの、今の想いが詰まっています。自分で決めること、外の世界に左右されずに生きることへの銀色さんの強い思い。その思いになるほどと頷きながらも、流れに身を任せる人生もまた面白そうと感じたり。この続きを、また「つれづれノート」で読みたいです。 …続きを読む
    ちどり
    2019年12月23日
    2人がナイス!しています
  • 写真はカラーの方が良かったかも。つれづれでも最近動きがあまりないのと、この本の雰囲気から、数年後には宮崎へ帰るのかなと思いました。旅先で思うこと、選ばなかった道への後悔、人間関係の複雑さ。 写真はカラーの方が良かったかも。つれづれでも最近動きがあまりないのと、この本の雰囲気から、数年後には宮崎へ帰るのかなと思いました。旅先で思うこと、選ばなかった道への後悔、人間関係の複雑さ。
    美紬-mitsumu-
    2020年01月25日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品