毒牙 義昭と光秀 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月29日
商品形態:
電子書籍

毒牙 義昭と光秀

  • 著者 吉川永青
発売日:
2019年11月29日
商品形態:
電子書籍

足利義昭と明智光秀、二人の出会いは、必然だったのか。書き下ろし歴史長編

織田信長から助力を得て、上洛を果たした足利義昭は、兵力もない形ばかりの将軍となった。だが、才気溢れる明智光秀との出会いが、彼の心を大きく揺るがしていく──。新たな視点で描かれる本能寺の真実とは。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「毒牙 義昭と光秀」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦国時代を描いた作品は好きでよく読むけれど足利義昭が主役の作品は初めてかもしれません。義昭の視点から見る明智光秀像はなかなか新鮮でした。刀槍を持っての戦いよりも密使や密書を駆使した心理戦に長けた義昭。 戦国時代を描いた作品は好きでよく読むけれど足利義昭が主役の作品は初めてかもしれません。義昭の視点から見る明智光秀像はなかなか新鮮でした。刀槍を持っての戦いよりも密使や密書を駆使した心理戦に長けた義昭。信長包囲網が仕上がっていく様はワクワクします。これだけ人の心の機微を読めたのに、その技を人を騙し操ることでしか発揮出来なかったことは、やはり悲しいです。最後の最後に秀吉にも毒を囁いてしまうのは、もうそんな役割の人物なのだとしか言えないですね。 …続きを読む
    さつき
    2020年04月09日
    70人がナイス!しています
  • 義昭の信長を貶めるための冷酷な思考・手段が凄い。どちらかというと暗愚のイメージがあっただけに新鮮さを感じる。対比する様に描かれた光秀の優しさと純真さが際立っていて面白く読了。 義昭の信長を貶めるための冷酷な思考・手段が凄い。どちらかというと暗愚のイメージがあっただけに新鮮さを感じる。対比する様に描かれた光秀の優しさと純真さが際立っていて面白く読了。
    ポチ
    2020年01月27日
    62人がナイス!しています
  • 足利義昭といえば盆暗な将軍というイメージだったのだけど、梟雄の印象を抱く。一方で描かれる明智光秀は優しさ故に苦悩し続ける武将ですね。各章を読み進め、閉じる度に眺める表紙にはその2人の姿が。好々爺のよう 足利義昭といえば盆暗な将軍というイメージだったのだけど、梟雄の印象を抱く。一方で描かれる明智光秀は優しさ故に苦悩し続ける武将ですね。各章を読み進め、閉じる度に眺める表紙にはその2人の姿が。好々爺のような翁面の下に、義昭の澱んだ眼差しや含み笑いが見え隠れする。隣の光秀はどうか。やはり苦悩の表情があるように思う。この2人に限らず関わる人物それぞれの思いが読み取れ、とてもおもしろく、興味深く読みました。 …続きを読む
    まさ
    2019年12月17日
    31人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品