毒牙 義昭と光秀 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年11月29日
商品形態:
電子書籍

毒牙 義昭と光秀

  • 著者 吉川永青
発売日:
2019年11月29日
商品形態:
電子書籍

足利義昭と明智光秀、二人の出会いは、必然だったのか。書き下ろし歴史長編

織田信長から助力を得て、上洛を果たした足利義昭は、兵力もない形ばかりの将軍となった。だが、才気溢れる明智光秀との出会いが、彼の心を大きく揺るがしていく──。新たな視点で描かれる本能寺の真実とは。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「毒牙 義昭と光秀」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 足利義昭といえば盆暗な将軍というイメージだったのだけど、梟雄の印象を抱く。一方で描かれる明智光秀は優しさ故に苦悩し続ける武将ですね。各章を読み進め、閉じる度に眺める表紙にはその2人の姿が。好々爺のよう 足利義昭といえば盆暗な将軍というイメージだったのだけど、梟雄の印象を抱く。一方で描かれる明智光秀は優しさ故に苦悩し続ける武将ですね。各章を読み進め、閉じる度に眺める表紙にはその2人の姿が。好々爺のような翁面の下に、義昭の澱んだ眼差しや含み笑いが見え隠れする。隣の光秀はどうか。やはり苦悩の表情があるように思う。この2人に限らず関わる人物それぞれの思いが読み取れ、とてもおもしろく、興味深く読みました。 …続きを読む
    まさ
    2019年12月17日
    28人がナイス!しています
  • かつて流し込まれた毒が、その考えを呼び起こした。暗躍する足利義昭の冷徹な思考。織田信長を苦しめるための策の数々と犠牲にされた人々。生来の優しさこそが、毒を呼び起こしてしまった明智光秀。かなり面白かった かつて流し込まれた毒が、その考えを呼び起こした。暗躍する足利義昭の冷徹な思考。織田信長を苦しめるための策の数々と犠牲にされた人々。生来の優しさこそが、毒を呼び起こしてしまった明智光秀。かなり面白かった。 …続きを読む
    サケ太
    2019年12月30日
    24人がナイス!しています
  • 足利義昭の生涯を描いた作品。名前を知ってはいるけど、どんな人生か知らなかったから、面白かった。室町幕府再興のために立ち上がるけど、自らには武力がないから、他力本願なため、将軍の威光だけで、味方を増やそ 足利義昭の生涯を描いた作品。名前を知ってはいるけど、どんな人生か知らなかったから、面白かった。室町幕府再興のために立ち上がるけど、自らには武力がないから、他力本願なため、将軍の威光だけで、味方を増やそうとして中々上手く行かない💦力を持ちすぎた織田信長を陥れるために策をうつのは滑稽に見えた。明智光秀との関わりも描かれているが、光秀は優しくて優秀な武将に描かれていた。「言葉には力がある」義昭の言葉だが、上手く使わないと力を発揮できない。 …続きを読む
    トモ
    2019年12月16日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品