倒れるときは前のめり ふたたび

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041086353

倒れるときは前のめり ふたたび

  • 著者 有川 ひろ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
336
ISBN:
9784041086353

有川ひろの魅力がつまったエッセイ集、第2弾! 書き下ろし小説も収録!

書き下ろし掌編「彼女の本棚」と、中編小説「サマーフェスタ」を特別収録! 愛する本たちへの想い、ネット時代に思うことなどのほか、ペンネーム変更の理由も語られる。稀代の人気作家のエッセイ集第2弾。

メディアミックス情報

NEWS

「倒れるときは前のめり ふたたび」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 有川 浩改め有川 ひろは、新作中心に読んでいる作家です。3年半前に読んだ『倒れるときは前のめり』に続く第二弾、著者のエッセイ+短編2作、ペンネーム改名の理由も解るファン必読の書になっています。オススメ 有川 浩改め有川 ひろは、新作中心に読んでいる作家です。3年半前に読んだ『倒れるときは前のめり』に続く第二弾、著者のエッセイ+短編2作、ペンネーム改名の理由も解るファン必読の書になっています。オススメは、著者が佐藤さとるから「コロボックル」の物語を引き継いだ時のエッセイ&巻末の特別収録小説「サマーフェスタ」です。 …続きを読む
    starbro
    2019年11月29日
    328人がナイス!しています
  • 有川浩から有川ひろさんに改名されて、エッセイですが有川ひろとしての初読了。有川ひろさんの心の強さを、強く感じるエッセイでしたね。前作のエッセイより、堅苦しさを感じて、意外と読むのに苦戦したけど、後半の 有川浩から有川ひろさんに改名されて、エッセイですが有川ひろとしての初読了。有川ひろさんの心の強さを、強く感じるエッセイでしたね。前作のエッセイより、堅苦しさを感じて、意外と読むのに苦戦したけど、後半の短篇2編は一気読み。『サマーフェスタ』は、ほろ苦く切なかったなあ。だけど、これが有川作品なんだ。やっぱり、この人の物語は好きだなあと思いました。有川ひろオススメ本もいくつか読んでみたいですね。 …続きを読む
    しんごろ
    2020年02月10日
    304人がナイス!しています
  • 「キュン死」の女王・有川さんのエッセイ読んでみました。 参りました。たぎる思いを真っ直ぐな言葉でど真ん中に真っ向勝負 どうだ❕ いやぁ、正義のミカタ・有川さんに少々胸焼けいたしました❕ やはり私は有川 「キュン死」の女王・有川さんのエッセイ読んでみました。 参りました。たぎる思いを真っ直ぐな言葉でど真ん中に真っ向勝負 どうだ❕ いやぁ、正義のミカタ・有川さんに少々胸焼けいたしました❕ やはり私は有川さんの小説が好きみたい <(^_^; …続きを読む
    射手座の天使あきちゃん
    2020年03月07日
    214人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品