織田家臣団の系図 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月07日
商品形態:
電子書籍

織田家臣団の系図

  • 著者 菊地 浩之
発売日:
2019年09月07日
商品形態:
電子書籍

こだわったのは「実力」ではなく「地縁」だった。地域代別に徹底分析!

父・信秀時代、家督相続から本能寺の変まで、激動の戦国を駆け抜けた織田家臣団を地域別に徹底分析。羽柴秀吉・柴田勝家・明智光秀・荒木村重……天下統一を目指した組織の実態に迫る! 家系図多数掲載。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「織田家臣団の系図」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 非常に面白い 読む前は著者を知らず、経歴を見て多少警戒していたため驚きがすごかった。 織田の家臣団を出身地域別に、勝幡譜代、古渡・末盛譜代、那古野譜代、その他清須譜代、外様に分けて検証した本。 徳川家 非常に面白い 読む前は著者を知らず、経歴を見て多少警戒していたため驚きがすごかった。 織田の家臣団を出身地域別に、勝幡譜代、古渡・末盛譜代、那古野譜代、その他清須譜代、外様に分けて検証した本。 徳川家の譜代の家臣は岡崎譜代とか安城譜代とか分かれるのでそんな感じか。 内容は家譜類を多用し、谷口、和田(たまに横山)の本にも随所に賛否をいれたもので、しっかり検証されていて非常に良かった。 個人的には那古野譜代まではその先祖などにも言及していて特に良かった。清須以降は先祖などは不明が多いため、通説を並べた感じ。 …続きを読む
    niwanoagata
    2020年04月29日
    19人がナイス!しています
  • 実力よりも地縁。織田家臣の中核は意外に狭い人脈・閨閥で形成。出世したのは永禄元年までの家臣、または尾張三郡(愛知郡、海東郡、春日井郡)の出身者。勝幡譜代:平手政秀、池田恒興。古渡・末盛譜代:佐久間信盛 実力よりも地縁。織田家臣の中核は意外に狭い人脈・閨閥で形成。出世したのは永禄元年までの家臣、または尾張三郡(愛知郡、海東郡、春日井郡)の出身者。勝幡譜代:平手政秀、池田恒興。古渡・末盛譜代:佐久間信盛、佐久間盛政、柴田勝家。那古屋譜代:丹羽長秀、佐々成政、前田利家。その他清須譜代:森可成、金森長近、堀秀政(以上美濃)、羽柴秀吉。外様:稲葉一鉄(美濃)、松永久秀、筒井順慶(以上大和)、荒木村重(摂津)、細川藤孝、明智光秀(以上旧幕臣)。 …続きを読む
    はるわか
    2020年07月18日
    6人がナイス!しています
  • 家臣団よりやはり気になるのは織田家の系図。例のスケートタレント織田信成は信長の子孫を名乗っているが本当なのか。信成の父親が公表した家系図によれば、初代を信長の七男織田信高としている。そこから九代の信真 家臣団よりやはり気になるのは織田家の系図。例のスケートタレント織田信成は信長の子孫を名乗っているが本当なのか。信成の父親が公表した家系図によれば、初代を信長の七男織田信高としている。そこから九代の信真までを掲げ、そのあと4代分も省略。祖父を14代として現当主信治を16代にしている。なぜ信真まで掲げているのか。理由は図書館などで調べればたどり着けるからだ。著者は全く信用していない。信長の不肖の息子信雄の読み方はどうか。「のぶたか」と読む作家が多いが、実は「のぶお」らしい。ほとんどの作家は間違っているようだ。 …続きを読む
    田中峰和
    2020年02月03日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品