伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち

伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月07日
商品形態:
電子書籍

伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち

  • 著者 嶌 信彦
発売日:
2019年09月07日
商品形態:
電子書籍

ソ連四大劇場を造り上げたのは若き日本兵だった――。よみがえる歴史秘話。

「日本人として恥ずべき仕事はしない」
シルクロードに伝説を刻んだ若き兵士がいた!!

1945年、夏の終わり。ウズベキスタンに抑留された工兵たちがいた。
彼らに課されたのは「ソ連を代表する劇場を建てること」。
捕虜生活の下、457名の隊を率いてプロジェクトを完遂したリーダーは、まだ24歳の将校だった。
「日本人の誇りと意地にかけて、最良のものをつくりたい」
彼らの仕事は、ソ連四大劇場の一つと称賛され、大地震にも耐えたオペラハウス「ナボイ劇場」として結実した。
堅牢な造り、美麗な内装。彼らの誇りと意地をかけた仕事は、収容所長をはじめ、現地の人々の心を動かし、語り続けられ、日本人伝説となった。
敗戦後、日本兵は一大プロジェクトを闘っていた!!

埋もれた偉業が明かされる!
■ボリショイ劇場建設という特殊任務
■収容所長アナポリスキーとの対峙
■隊員に起きた転落事故死
■手作りの芝居、演芸大会でウズベク人と触れ合う
■永田隊長の最後の仕事は名簿の暗記だった etc

※本書は2015年9月に小社より刊行した『日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた』を
改題の上、加筆修正し、新書化したものです。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「伝説となった日本兵捕虜 ソ連四大劇場を建てた男たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 今年ウズベキスタンに行った時にチラッと見たナボイ劇場の建設に関わった日本人捕虜たちの話。建設のチームをリーダーとして劇場完成まで導いた永田さんを中心に描かれていて、一気に読んでしまった。 ・日本人とし 今年ウズベキスタンに行った時にチラッと見たナボイ劇場の建設に関わった日本人捕虜たちの話。建設のチームをリーダーとして劇場完成まで導いた永田さんを中心に描かれていて、一気に読んでしまった。 ・日本人として恥じない劇場を建てて、全員無事に帰国するという目標を掲げて、共有する ・チームの職場環境や人間関係が円滑になるように気を配る ・責任者としてソ連との交渉の矢面に立ち、論理的に交渉する 20代なのにすばらしいリーダーシップを発揮していて、本当に尊敬。 …続きを読む
    Fu__
    2019年12月11日
    7人がナイス!しています
  • かつて、こんなに誇り高い日本人たちがいたことが、今を生きる自分にも誇らしく、また感動的であった。戦争捕虜という最悪の逆境に有りながら「日本人として恥ずべき仕事はしない」としてウズベキスタンに壮麗な劇場 かつて、こんなに誇り高い日本人たちがいたことが、今を生きる自分にも誇らしく、また感動的であった。戦争捕虜という最悪の逆境に有りながら「日本人として恥ずべき仕事はしない」としてウズベキスタンに壮麗な劇場を完成させた旧日本兵たちの物語は、読み終わった後も、深く心に刻まれている。ことに、ロシア人やウズベク人たちと開いた演芸大会の場面は印象的であった。そして、捕虜たちのリーダー「永田大尉」に心から敬意を表したい。 …続きを読む
    山本哲哉
    2020年02月08日
    1人がナイス!しています
  • 満洲でソ連の捕虜となり、聞いたこともない遥か遠いウズベキスタンの地で劇場建設を命じられた日本兵たちの話。「全員で無事に祖国に帰ること」を最優先目標にしつつ、困難の中でも「後世に残るいい仕事をしよう」と 満洲でソ連の捕虜となり、聞いたこともない遥か遠いウズベキスタンの地で劇場建設を命じられた日本兵たちの話。「全員で無事に祖国に帰ること」を最優先目標にしつつ、困難の中でも「後世に残るいい仕事をしよう」と邁進する姿勢に胸を打たれました〜 …続きを読む
    しんさん
    2020年01月03日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品