オオルリ流星群

オオルリ流星群

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041085660

オオルリ流星群

  • 著者 伊与原 新
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年02月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041085660

見えない星が、人生の幸せを教えてくれる。

「あのときのメンツ、今みんなこっちにいるみたいだぜ」「まさか、スイ子か? なんでまた?」スイ子こと、山際彗子が秦野市に帰ってきた。手作りで太陽系の果てを観測する天文台を建てるというのだ。28年ぶりの再会を果たした高校時代の同級生・種村久志は、かつての仲間たちと共に、彗子の計画に力を貸すことに。高校最後の夏、協力して巨大なタペストリーを制作した日々に思いを馳せるが、天文台作りをきっかけに、あの夏に起きたことの真実が明らかになっていく。それは決して、美しいだけの時間ではなかった。そして久志たちは、屈託多き「いま」を自らの手で変えることができるのか。行き詰まった人生の中で隠された幸せに気付かせてくれる、静かな感動の物語。 「あのときのメンツ、今みんなこっちにいるみたいだぜ」「まさか、スイ子か? なんでまた?」スイ子こと、山際彗子が秦野市に帰ってきた。手作りで太陽系の果てを観測する天文台を建てるというのだ。28年ぶりの再会を果たした高校時代の同級生・種村久志は、かつての仲間たちと共に、彗子の計画に力を貸すことに。高校最後の夏、協力して巨大なタペストリーを制作した日々に思いを馳せるが、天文台作りをきっかけに、あの夏に起きたことの真実が明らかになっていく。それは決して、美しいだけの時間ではなかった。そして久志たちは、屈託多き「いま」を自らの手で変えることができるのか。行き詰まった人生の中で隠された幸せに気付かせてくれる、静かな感動の物語。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

カドブン記事一覧

【2023年07月15日】きっと、空を見上げる。「天体観測小説5選」


【2022年12月14日】2022年が終わる前に、絶対に読んでおきたい小説6選【2022年KADOKAWA文芸書話題作・文学賞受賞作まとめ】


【2022年03月29日】高校時代の仲間で挑む天文台づくり。光が陰った星と重ねる人生の季節『オオルリ流星群』伊与原 新インタビュー


【2022年03月09日】輝きを放つ物語たち☆彡 「流星小説5選」


【2022年03月01日】最注目作家・伊与原新を読むならこれだ! おすすめ3選(杉江松恋・選)


【2022年02月22日】伊与原新がおすすめする「星と宇宙のロマンを感じる5冊」


【2022年02月15日】年齢を重ねると「こういうやり方もある」と考えることができるんです。――作家・伊与原新が新作小説『オオルリ流星群』で描く「隠れた幸せの見つけ方」


「オオルリ流星群」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 空き缶タペストリー作りなど楽しいことばかりの高校生活。もちろん高校生活にも苦い思い出もあるよ。それから年月を重ねれば、人はそれぞれいろいろある。年月を重ねればいろいろ話せること許せることもあるし、怒り 空き缶タペストリー作りなど楽しいことばかりの高校生活。もちろん高校生活にも苦い思い出もあるよ。それから年月を重ねれば、人はそれぞれいろいろある。年月を重ねればいろいろ話せること許せることもあるし、怒りもあるさ。それでも歳を重ねても笑いあったり話しあったり、時には怒りをぶつけたりできる素晴らしい仲間がいて羨ましい。スイ子が秦野に戻って、高校時代の仲間が集まって、仲間が時間の許せる限り天文台を作っていく様子は、少年時代に憧れた秘密基地を作っているようで楽しそうだった。ラストに行くにつれて泣けた。 …続きを読む
    しんごろ
    2022年03月20日
    675人がナイス!しています
  • 伊与原 新、2作目です。 まずはタイトルが好い、ロスジェネ手作り天文台青春譚の佳作でした。 私は二人の息子に星に願いを込めて、名前に「星」の字を入れ、観測できるように天体望遠鏡を購入しましたが、彼らは全 伊与原 新、2作目です。 まずはタイトルが好い、ロスジェネ手作り天文台青春譚の佳作でした。 私は二人の息子に星に願いを込めて、名前に「星」の字を入れ、観測できるように天体望遠鏡を購入しましたが、彼らは全く天体に興味がありませんでした(笑) このレビューは、松任谷由実の「ジャコビニ彗星の日」を聴きながら書きました♪☄ https://www.youtube.com/watch?v=IGXKGBoeVoQ https://kadobun.jp/special/iyohara-shin/ …続きを読む
    starbro
    2022年06月08日
    631人がナイス!しています
  • 高校生の仲良しグループが【あの】夏にみんなで作った空き缶タペストリー。30年の時を経て【この】夏45歳になった仲間が再び力を合わせ天文台を創る。物語としては久しぶりに皆再会出来て皆でもの作りが出来て良かっ 高校生の仲良しグループが【あの】夏にみんなで作った空き缶タペストリー。30年の時を経て【この】夏45歳になった仲間が再び力を合わせ天文台を創る。物語としては久しぶりに皆再会出来て皆でもの作りが出来て良かったね、これからもそれぞれの道で頑張って行こうね、ってだけの話に過ぎず俺は不満だった。そもそも再会する年齢を何故45歳の設定にしたのか。45歳にもなってこんな事してて良いのか。違和感しか感じないのだが。せめて30歳の設定にしてもらえればもう少し物語に入り込めたかも知れないのに。 …続きを読む
    青乃108号
    2023年01月18日
    620人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品