さくら書店の藍子さん 小さな書店のささやかな革命

さくら書店の藍子さん 小さな書店のささやかな革命 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年08月10日
商品形態:
電子書籍

さくら書店の藍子さん 小さな書店のささやかな革命

  • 著者 浅名 ゆうな
  • イラスト カワグチ
発売日:
2019年08月10日
商品形態:
電子書籍

年上でオタクの彼女が、なんでこんなに可愛く見える――?

高校生の康樹が偶然入った古びた本屋「佐倉書店」。店長の藍子さんは素直でお人よしで、書店の経営は赤字続き! 康樹はそんな彼女を助けるうちに、まったく恋愛対象外だった藍子さんが気になりだして……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「さくら書店の藍子さん 小さな書店のささやかな革命」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公の康樹が上から目線(ツンデレ?)で好きになれなかったし、藍子さんの思い入れのある書店を改装して集客を試みるという視点に思いやりがないように感じられた。藍子さんもまっすぐすぎて難しそうなキャラだ。 主人公の康樹が上から目線(ツンデレ?)で好きになれなかったし、藍子さんの思い入れのある書店を改装して集客を試みるという視点に思いやりがないように感じられた。藍子さんもまっすぐすぎて難しそうなキャラだ。ミステリ……ではないだろうし、恋愛といっても未満レベル? これからどういう方向の物語になっていくのか。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2019年08月17日
    54人がナイス!しています
  • 写真が趣味なオタクな主人公が小さな書店を気に入り、書店員の藍子や常連の老人たちと関係を深めていく物語。恋愛小説としては主人公の幼馴染みの切ない片思いを強調していたのに、それと全然関係ない終わり方。特技 写真が趣味なオタクな主人公が小さな書店を気に入り、書店員の藍子や常連の老人たちと関係を深めていく物語。恋愛小説としては主人公の幼馴染みの切ない片思いを強調していたのに、それと全然関係ない終わり方。特技の写真は特に生かされず、書店の経営も謎解きもちょっと齧ってみただけのような入れ方で、何をメインに書きたかったのかよく分からない作品だった。なので感想は「リカが不憫」しかない。 …続きを読む
    bluets8
    2019年08月12日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品