試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784040658605

君死にたもう流星群4

  • 著者 松山 剛
  • イラスト 珈琲貴族
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
360
ISBN:
9784040658605

失われた時を取り戻す、傑作青春タイムトラベル小説!

自らのタイムリープを天野河星乃に告白した平野大地。だが、その衝撃の事実は二人の関係をかえってギクシャクさせてしまう。ちょうどそのころ「大流星群の犯人が、この高校にいるって聞いてね」というイオの言葉に呼応するように、驚愕の人物が大地たちの前に姿を現す。その名は『エウロパ』。かつて星乃の母親を襲撃した因縁の相手だった。そんな中、これまで不穏な動きを見せていた黒井冥子が大地に接触。イオすらも退ける黒井の衝撃の正体とは? 遠い宇宙から届く『暗号文』、謎のオンラインゲーム『GHQ』、そして大流星群の『真犯人』がついに姿を現す――『夢』と『宇宙』がテーマの感動巨編、驚天動地の第四弾!

メディアミックス情報

NEWS

「君死にたもう流星群4」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改めてこのシリーズが「夢」を愚直にテーマにしている事を思い知らされた。2巻で伊万里と涼介、3巻で宙海、彼女らに夢に向けての第一歩を記させた大地。本巻では黒井冥子の小説家への夢に向かって尽力するが、そこ 改めてこのシリーズが「夢」を愚直にテーマにしている事を思い知らされた。2巻で伊万里と涼介、3巻で宙海、彼女らに夢に向けての第一歩を記させた大地。本巻では黒井冥子の小説家への夢に向かって尽力するが、そこで出てきたテーマは「人生」と限りなく深く重い。そしてそれは当然の様に大地を第三者の地位に居ることを許さず、星乃との関係を通して彼の人生を直撃する。けっして器用とは言いかねるこの作風。だが、冥子や星乃が口から絞りだされ大地の耳を通して伝えられる、その魂からの叫びは読者の深奥を揺さぶらずにはおれない。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2019年10月16日
    74人がナイス!しています
  • 今回は表紙で既にインパクトを放っている冥子の物語。謎めいた彼女は未来から来た人間であることが判明。冥子が過去をやり直す目的は人気作家に盗作された自分の小説を取り戻すこと。仕事として小説を書くのであれば 今回は表紙で既にインパクトを放っている冥子の物語。謎めいた彼女は未来から来た人間であることが判明。冥子が過去をやり直す目的は人気作家に盗作された自分の小説を取り戻すこと。仕事として小説を書くのであれば伽神のような考え方も必要だとは思う。私は冥子のような自分の感情を創作にぶつける人間に惹かれるが、小説家の現実を知ると確かに彼女が言うように夢は憧れの時の方が全然楽しいものなのかなと思いました。個人的に今回は作中の考えにうーん…と感じた部分もあり、正直心に響きにくい内容でした…。紫苑がどう絡んでくるか気になる。 …続きを読む
    ami*15
    2019年09月03日
    38人がナイス!しています
  • 自らのタイムリープを星乃に告白したものの、関係をかえってギクシャクさせてしまう大地。イオの意味深な言葉に呼応するように驚愕の人物が大地たちの前に姿を現す第四弾。かつて星乃の母親を襲撃した因縁の相手『エ 自らのタイムリープを星乃に告白したものの、関係をかえってギクシャクさせてしまう大地。イオの意味深な言葉に呼応するように驚愕の人物が大地たちの前に姿を現す第四弾。かつて星乃の母親を襲撃した因縁の相手『エウロパ』と、どうにも不気味だった黒井冥子の意外な正体。今回のタイムリープを巡るもうひとつのエピソードがなかなか印象的で、一方で物語の本質に関わる謎も徐々に明らかになっていって、紆余曲折あった大地と星乃もようやく一歩前に進めたようですけど、その裏で進行するエピローグがまたどうにも不穏な展開を予感させますね…。 …続きを読む
    よっち
    2019年07月24日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品