荒城に白百合ありて

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041084335

荒城に白百合ありて

  • 著者 須賀 しのぶ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041084335

この世界でともに生きられぬから、あなたと死にたい。2019年の大本命!

 森名幸子から見て、母の鏡子は完璧な会津婦人だった。江戸で生まれ育った母は教養高く、武芸にも秀でており、幸子の誇りで憧れだった。
 薩長軍が城下に迫り、白装束を差し出して幸子に自害を迫った時も、母の仮面が崩れる事はなかった。しかし、自害の直前に老僕が差し出した一通の手紙が、母の、そして幸子の運命を大きく変えた。手紙から視線を外し、再び幸子を見た母は、いつもの母とは違うものに変わってしまっていた。その視線を見て、幸子は悟った。
 ――母は、この美しい人は、いまこの瞬間、はじめて私を「見た」のだ、と。

 薩摩藩士の青年・岡元伊織は昌平坂学問所で学ぶ俊才であったが、攘夷に沸く学友のように新たな世への期待を抱ききれずにいた。そんな中、伊織は安政の大地震の際に燃え盛る江戸の町でひとりさ迷い歩く、美しい少女と出会う。あやかしのような彼女は聞いた。「このくには、終わるの?」と。伊織は悟った。「彼女は自分と同じこの世に馴染めぬいきものである」と。それが、伊織の運命を揺るがす青垣鏡子という女との出会いであった。魂から惹かれあう二人だが、幕末という「世界の終わり」は着実に近づいていて――。

 この世界で、ともに生きられない。だから、あなたとここで死にたい。
 稀代のストーリーテラーが放つ、幕末悲劇、いま開幕。


メディアミックス情報

NEWS

「荒城に白百合ありて」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 序章で出てくる幸子。そこにも出てくる会津藩の柱『御家訓十五箇条』を叩き込まれた竹子。この時代では異端児の主人公の鏡子。この主人公鏡子が幸子の母親。母親の時代を振り返り。鏡子と竹子の出会い方。薩摩藩の誰 序章で出てくる幸子。そこにも出てくる会津藩の柱『御家訓十五箇条』を叩き込まれた竹子。この時代では異端児の主人公の鏡子。この主人公鏡子が幸子の母親。母親の時代を振り返り。鏡子と竹子の出会い方。薩摩藩の誰からも好かれる伊織。江戸、安政の大地震の火の海の中、鏡子と伊織の悲劇の幕がきっておとされる!現在(幸子目線)→過去(母、鏡子目線+他)→現在(母、鏡子目線)そして、鏡子は娘と自害するのをやめた。そして、あの火の海の中出会った伊織が~?!Σ( ̄□ ̄;)結局この二人両思いだったけど、アカンかったんやん! …続きを読む
    あーさん☆12月の目標は200冊!(๑•̀ㅂ•́)و✧
    2019年11月22日
    87人がナイス!しています
  • 幕末を舞台とした須賀しのぶさんによる歴史小説、王様のブランチにて読書メーター絡みで紹介されていて興味があり購入。幕末に生きる薩摩藩士の青年・岡元伊織が、安政の大地震のさなかに、会津藩の少女・青垣鏡子と 幕末を舞台とした須賀しのぶさんによる歴史小説、王様のブランチにて読書メーター絡みで紹介されていて興味があり購入。幕末に生きる薩摩藩士の青年・岡元伊織が、安政の大地震のさなかに、会津藩の少女・青垣鏡子と出会うところから物語は始まり、当時敵対関係にあった会津と薩摩の男女がすれちがうじれったい展開が続く、、、舞台が幕末ということで、徳川慶喜、島津斉彬、西郷隆盛等の幕末の志士も続々登場し、史実になぞったストーリーが展開されるので、歴史好きの人はとっつきやすい気がする。 …続きを読む
    tonkotsu
    2019年11月28日
    49人がナイス!しています
  • 募る思いに身を窶す…。二人の浮世は炎に巻かれ、その瞳に最期を映す遥か前から疾うに滅んでいたのだろう。清らなる恋情などではない。もっと仄暗く、もっと根深く、心では受け止めきれぬ感情で惹かれ合う存在。互い 募る思いに身を窶す…。二人の浮世は炎に巻かれ、その瞳に最期を映す遥か前から疾うに滅んでいたのだろう。清らなる恋情などではない。もっと仄暗く、もっと根深く、心では受け止めきれぬ感情で惹かれ合う存在。互いの瞳の中に己の姿を映し、何を求めたのか。時代は幕末。昨日までの味方は今日の敵となる動乱の世。会津と薩摩が繋いでいた手を離したとき、会津の女と薩摩の男の抗えぬ運命の時が刻一刻と迫る。これは恋愛小説なんかじゃない。破滅的幻妖小説である。人になり切れなかった二人の魂が、叫びを上げて共鳴し合う瞬間の白刃に息を呑む。 …続きを読む
    えみ
    2019年12月03日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品