ビジネス教養としてのアート

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784046043481

ビジネス教養としてのアート

  • 著者 造事務所
  • 監修 岡田 温司
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月16日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
248
ISBN:
9784046043481

なぜバンクシ―は売れるのか?ビジネスの必須教養となったアートの基本50

なぜビジネスパーソンがアートを学ぶのか? 
その理由は、ITが急発展したり、AIなどの技術イノベーションが起きる現在のビジネス環境では、
数字やロジックによる「正解を導く」手法は使えないからだ。
そこではロジックより「答えを創造する力=アートの完成」が必要になる。しかし、アートをどう学べば良いのだろうか?
そこで本書はアートを経済、歴史、思想、社会、テクノロジー、といった切り口から解説することで、「アートの見方」「感性を言語化する」「歴史背景」「マーケット価値」などが理解できるように構成。
もちろん「技法」などの解説もあり、アートをより深く楽しむこともできる、基本書となる1冊

もくじ

第1章 アート×経済
第2章 アート×歴史
第3章 アート×思想
第4章 アート×社会
第5章 アート×テクノロジー
第6章 アート×技法

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ビジネス教養としてのアート」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アート作品の関わる歴史、経済、社会的時代背景や、多様な視点を紹介した本。表現方法を詳しく分類、解説している点は、初心者にもわかりやすい。作品を特定の形式に限定せず、作者のコンセプトや思想、問いを表現し アート作品の関わる歴史、経済、社会的時代背景や、多様な視点を紹介した本。表現方法を詳しく分類、解説している点は、初心者にもわかりやすい。作品を特定の形式に限定せず、作者のコンセプトや思想、問いを表現した形として捉え、その中から多くを発見することも一つのアートである。歴史的に語り継がれる作品は、その技術的なレベルの高さに留まらず、見方、考え方によって多様な示唆を受け取ることができる。絵は感性で見て知性で読むという指摘は印象的。ただ見て表層のみをすくい、素通りするのはもったいないと感じた。 …続きを読む
    チャー
    2021年01月24日
    8人がナイス!しています
  • ビジネス教養としてのアート、読了。 モノに対する付加価値がどの様にしてつけられるのか?が学べばそうな面白いタイトルだったので、読んだらかなり酷い内容でした。 まず、情報量の圧倒的な少なさ… LINEニ ビジネス教養としてのアート、読了。 モノに対する付加価値がどの様にしてつけられるのか?が学べばそうな面白いタイトルだったので、読んだらかなり酷い内容でした。 まず、情報量の圧倒的な少なさ… LINEニュースみたいなレベルでした。 あとはビジネス教養としてのというタイトルに対して中身の大半がアートとは?についての言及なので、志向が全く違うと言っていいでしょうな。 唯一面白かったのは美術オークションに関する記述は面白かったけど、やはり、え?それで?と物足りない内容でした。 …続きを読む
    乱歩太郎
    2020年11月30日
    4人がナイス!しています
  • ★ 3.5 白黒なのが惜しい。色々な作家の名前も出てくるが、スマホで片手検索しながらこんな絵を描いてる人なのかと鑑賞しながら読んだ。ラッセンが日本人に人気だったのもその時代人々が求めていたものと一致し ★ 3.5 白黒なのが惜しい。色々な作家の名前も出てくるが、スマホで片手検索しながらこんな絵を描いてる人なのかと鑑賞しながら読んだ。ラッセンが日本人に人気だったのもその時代人々が求めていたものと一致してたのである意味戦略的には成功してたんだろうな。色々な観点でなるほどなぁ面白く読めた。 …続きを読む
    アルミの鉄鍋
    2021年02月12日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品