榮国物語 春華とりかえ抄 五

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040731964

榮国物語 春華とりかえ抄 五

  • 著者 一石月下
  • イラスト ノクシ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040731964

コミック1巻も同時刊行! 大人気男女逆転中華ファンタジー新展開!

宰相の座を掴んだ海宝。しかし政敵・白水は新たに手に入れた財政機関を司る三司という地位を利用し、妨害を仕掛けてくる。皇帝の勅旨をもって妨害を躱そうと画策する春蘭だが、白水の手は莉珠にまで伸びていて――?


メディアミックス情報

NEWS

「榮国物語 春華とりかえ抄 五」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 海宝はようやく宰相となったものの、政敵・白水は財政機関を司る三司という地位を利用してさらに妨害を仕掛け、春蘭は皇帝の勅旨をもって妨害を躱そうと画策する第五弾。結果に独裁へ繋がるのではという懸念が強まり 海宝はようやく宰相となったものの、政敵・白水は財政機関を司る三司という地位を利用してさらに妨害を仕掛け、春蘭は皇帝の勅旨をもって妨害を躱そうと画策する第五弾。結果に独裁へ繋がるのではという懸念が強まり、春蘭が何者かに攫われてしまい、莉珠が春雷の言動に不信感を募らせてゆく展開。今回はやや改革を急ぎすぎたことに対する貴族側の反動が出た感もありましたけど、貴族側も歪んだ使命感があったり保守的だったり面倒そうですね。とりあえず莉珠と春雷の方は何とか関係を修復できたようですが、春蘭と海宝の方ももう少し進展を期待。 …続きを読む
    よっち
    2019年08月11日
    32人がナイス!しています
  • 春雷と莉珠はようやくすべての秘密を共有できるようになり、絆が揺るぎないものになって良かった。次は春蘭と海宝だね…と思うものの、まだ白水が一筋縄ではいかなさそう。春蘭はもう無意識に海宝に心を寄せているよ 春雷と莉珠はようやくすべての秘密を共有できるようになり、絆が揺るぎないものになって良かった。次は春蘭と海宝だね…と思うものの、まだ白水が一筋縄ではいかなさそう。春蘭はもう無意識に海宝に心を寄せているようにしか見えないけど、自覚したとしても逆に秘密を明かせなくて悩むことになりそう。そんな展開を希望(笑)。 …続きを読む
    さいか
    2019年06月22日
    4人がナイス!しています
  • 今回は春雷と莉珠メインかな。春蘭と海宝はまだ前途多難な感じだけど(^_^;)続きが楽しみ。 今回は春雷と莉珠メインかな。春蘭と海宝はまだ前途多難な感じだけど(^_^;)続きが楽しみ。
    よっしー
    2019年08月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品