保元物語・平治物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044004934

保元物語・平治物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

  • 編 日下 力
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784044004934

武士の時代の幕開けを告げる物語

『平家物語』とともに琵琶法師によって語り継がれた軍記物語の名作を、総ふりがなつきの原文、現代語訳、やさしい解説とコラムで丁寧に読み解く入門編。鳥羽上皇崩御後の皇位継承問題を発端に、皇室・摂関家・武家が骨肉相食む戦いを繰り広げた保元の乱。続く平治の乱では、上皇となった後白河院のもと争いが続き、反乱軍を鎮圧した平清盛が覇権を握る。人々の栄枯盛衰と新しい武家の時代の幕開けをダイジェストでたどる決定版。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「保元物語・平治物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かの源平合戦に繋がる源平と公家に跨がる親兄弟との血で血を洗う戦の数々を描く古典の紹介本。 今作が鎌倉時代初期の平穏の時代に書かれたということを考えると、源氏政権に対する筆者のスタンスがありありと浮かぶ かの源平合戦に繋がる源平と公家に跨がる親兄弟との血で血を洗う戦の数々を描く古典の紹介本。 今作が鎌倉時代初期の平穏の時代に書かれたということを考えると、源氏政権に対する筆者のスタンスがありありと浮かぶ。 基本は悪徳平家を演出しながらエンタメ部分たる英雄為朝のぶっ飛び具合を中心に書いたり、逆に鎌倉政権の象徴の父親の反乱を非難したりと自由な作風が特徴的。 坊主としては反対バリバリだったろうが、義朝を悲劇風に仕立てしたりとやはりいつの時代も初期とは違う展開が生まれる瞬間は変わってないのかも知れない。 …続きを読む
    のれん
    2021年04月05日
    12人がナイス!しています
  • 平家の前に、この物語があった 義経記や椿説弓張月も読まねば 平家の前に、この物語があった 義経記や椿説弓張月も読まねば
    fseigojp
    2021年05月28日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品