光炎の人 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

光炎の人 下

  • 著者 木内 昇
発売日:
2019年09月21日
商品形態:
電子書籍

技術の発展は、善か悪か――。直木賞作家が放つ問題作!

大阪の工場ですべてを技術開発に捧げた音三郎。新たな可能性を求めて東京へ移った彼を待ち受けていたものとは? 大戦の足音が聞こえる中、音三郎の運命は……。数多の賞を受賞した著者の記念碑的大河小説


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光炎の人 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 音三郎は純粋で人を疑うことを知らない。科学を信じ、無線機の技術開発に努める。野心的な彼は、実力者・弓濱を頼って、学歴を偽り東京の陸軍十板研究所へ移籍する。軍人となった幼馴染で、妹の夫・利平と再会し、利 音三郎は純粋で人を疑うことを知らない。科学を信じ、無線機の技術開発に努める。野心的な彼は、実力者・弓濱を頼って、学歴を偽り東京の陸軍十板研究所へ移籍する。軍人となった幼馴染で、妹の夫・利平と再会し、利平の上司の娘と結婚した音三郎は、昭和の訪れとともに、野望に燃え、無線機の軍事利用にあえて協力する。これも時代の運命か、懸命に開発に努めた彼の技術が発揮されたのは満州某重大事件だった。非情な軍が彼に与えた報酬は…。時々の判断が次々と裏目に出る下巻、圧巻の終幕。音三郎が平和な時代に生きていたら、の感に絶えない。 …続きを読む
    エドワード
    2019年10月09日
    19人がナイス!しています
  • 大正、昭和前半の結婚観に驚く。今は性別による差別は叩かれるが、ほんの数世代前には男は仕事、嫁選びは家柄と子孫繁栄が目的とか考えていた描写を読んだ際に、今の時代は生きやすくて選択肢の多い時代なんだなぁと 大正、昭和前半の結婚観に驚く。今は性別による差別は叩かれるが、ほんの数世代前には男は仕事、嫁選びは家柄と子孫繁栄が目的とか考えていた描写を読んだ際に、今の時代は生きやすくて選択肢の多い時代なんだなぁと感じた。 …続きを読む
    taka_suke
    2019年10月13日
    2人がナイス!しています
  • 木内昇は自分の中の基準である。本が好き、読書が好き、というのに木内昇を読んだ事のない者を私は認めない。今、こんなにすごい作家がいるのに読まないでいられる神経が私にはわからない。それくらいすごい作家なの 木内昇は自分の中の基準である。本が好き、読書が好き、というのに木内昇を読んだ事のない者を私は認めない。今、こんなにすごい作家がいるのに読まないでいられる神経が私にはわからない。それくらいすごい作家なのだ。明治~昭和初期の日本を徹底的に追い詰めて書いたその先に、時代小説を越えたとんでもない作品が生まれた。過去を描きながら、現在の日本の空気やキナ臭さまで表現しているのがこの作家の才能である。今後、この作品が私の中のすごい小説の基準となる。これを越えるのは並大抵ではない。 …続きを読む
    カノープス
    2019年10月10日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品