地名崩壊

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年11月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
264
ISBN:
9784040823003

地名崩壊

  • 著者 今尾 恵介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年11月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
264
ISBN:
9784040823003

ブランド地名、災害地名、キラキラ地名のトリックに騙されないために

「ブランド地名」の拡大、「忌避される地名」の消滅、市町村合併での「ひらがな」化、「カタカナ地名」の急増。安易な地名変更で土地の歴史的重層性が失われている。地名の成立と変貌を追い、あるべき姿を考える。

もくじ

 まえがき
第1章 地名の成り立ちと由来
 二人以上の人の間に共同に使用せらるる符号――柳田国男
 土地の特徴を反映した自然発生的な地名
 地形に由来する地名
 水上交通に由来する地名
 道に由来する地名

第2章 駅名と地名の関係
 駅名は地名を採用するのが基本だが……
 私鉄が神社仏閣を名乗りたがる理由
 地元の地名より東・西・南・北・新・中央
 「キラキラ駅名」はなぜ生まれるか

第3章 キラキラ地名が生まれる事情
 好かれる地名・忌避される地名
 ブランド地名はどうなっているか
 ひらがな・カタカナ地名の急増

第4章 土地の安全性が地名でわかるのか
 忌避される「福島」の地名
 蛇落地悪谷という地名
 地名が命名された地点と土地条件

第5章 地名を崩壊させないために
維新・震災・戦災の後で激変した東京の地名
 政令指定都市の増加と区名決定
 外国の自治体名
 合併新村名を濫造させた3度の合併
 復活する地名


メディアミックス情報

NEWS

「地名崩壊」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 東・西などを冠して同一の地名でまとめられると、歴史的に由緒ある地名も失われ、また人名と同様、地名にもキラキラネームが増えている。豊富な例を挙げた本書のタイトルは、まさに「地名崩壊」と本質をつく。利害を 東・西などを冠して同一の地名でまとめられると、歴史的に由緒ある地名も失われ、また人名と同様、地名にもキラキラネームが増えている。豊富な例を挙げた本書のタイトルは、まさに「地名崩壊」と本質をつく。利害を考えすぎて、新地名が「三方一両損」みたいになった例も枚挙にいとまがない。また字面だけで災害地名と決めつけたがる風潮にも、著者は警鐘を鳴らす。歴史をふまえ最新の現在に通じる地名論。 …続きを読む
    へくとぱすかる
    2019年11月11日
    62人がナイス!しています
  • ブランド地名の拡大、忌避される地名の消滅、市町村合併でのひらがな化、カタカナ地名の急増。安易な地名変更の成立を憂いてその変貌を追い、あるべき姿を考える一冊。地名の成り立ちと由来から始まって、土地の特徴 ブランド地名の拡大、忌避される地名の消滅、市町村合併でのひらがな化、カタカナ地名の急増。安易な地名変更の成立を憂いてその変貌を追い、あるべき姿を考える一冊。地名の成り立ちと由来から始まって、土地の特徴や地形、道に関する地名の説明、駅名と地名の関係やJRや私鉄の駅命名意識の違い、キラキラ地名や土地の安全性で忌避される地名、震災や合併といった地名を大きく変えた経緯などが説明されていて、もう少し旧地名を残しても良かったのではと感じる地域は確かにあるので、旧地名を復活させようという動きには期待したいと思いました。 …続きを読む
    よっち
    2019年12月14日
    27人がナイス!しています
  • 地名が決定する経緯が良くわかった。地形が命名の根幹をなすわけではなく、様々な名づけられ方があるモノだと思った。現在の安易な地名の変更には残念だと思っていた。美しい名称が「田舎臭い」と断じられることは、 地名が決定する経緯が良くわかった。地形が命名の根幹をなすわけではなく、様々な名づけられ方があるモノだと思った。現在の安易な地名の変更には残念だと思っていた。美しい名称が「田舎臭い」と断じられることは、残念というより、悲しい事だとも思う。現在、また昔の名称に戻していくような動きもあるという。もっとその動きが大きくなれば良いと願う。 …続きを読む
    ふたば リハビリ開始しています
    2019年11月27日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品