共犯者 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年09月08日
商品形態:
電子書籍

共犯者

  • 著者 三羽 省吾
発売日:
2021年09月08日
商品形態:
電子書籍

デビュー20年、著者最高到達点となる、衝撃ミステリーサスペンス。

お前は、誰を守ろうとしてるんだ?

迷走する警察。暴走する世論。壊れゆく家族。
ひとつの殺人事件が、隠された過去の真相を炙り出していく。
その罪は赦されるか。愛と憎しみの衝撃サスペンスミステリー。

岐阜県の山中で顔面を激しく損壊された男性の遺体が発見された。取材に赴いた週刊誌記者の宮治は、警察が何かを隠していると疑う。隣県にはひとつ歳下の弟・夏樹が住んでいた。久々に弟の部屋に立ち寄った宮治は、その言動に不信感を抱く。弟が事件になんらか関わっているのかもしれない。報道の使命を貫くか、家族を守るか、宮治は揺れ動くが……。

カバーイラスト/三部けい

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「共犯者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • なぜ取材は止めなければならないのか?そう言われると追いかけたくなるのが記者だよね。とか、思いつつだんだん宮治の身近に迫りくる不安の種を真相を知りたくて・・戸籍は他人。血縁は親子。くぅ、苦しいけどちょっ なぜ取材は止めなければならないのか?そう言われると追いかけたくなるのが記者だよね。とか、思いつつだんだん宮治の身近に迫りくる不安の種を真相を知りたくて・・戸籍は他人。血縁は親子。くぅ、苦しいけどちょっと散漫な感じで今少し気持ちがのめり込めない私。弟の方に肩入れしちゃうし。ただ十三参りの下りは切なくて良かったなぁ。「夜が暗いと嘆く者は、朝が星を消してしまうと嘆く」初めて聞く言葉だがどっちにしても嘆くのねって(汗) …続きを読む
    いつでも母さん
    2021年12月15日
    163人がナイス!しています
  • 迷走してばかりの警察と暴走するマスゴミにおどらされ好奇の目にさらされる社会が生んだ犠牲者。日ごろの暮らしぶりに謎が多く通例と異なる殺人事件。無責任なマスゴミは関係者の人権も法律も関係ない。勝手に作った 迷走してばかりの警察と暴走するマスゴミにおどらされ好奇の目にさらされる社会が生んだ犠牲者。日ごろの暮らしぶりに謎が多く通例と異なる殺人事件。無責任なマスゴミは関係者の人権も法律も関係ない。勝手に作った仮説と偏向記事でやりたい放題。やれやれ。子供の頃受けた傷を背負いながら生きた加害者の心は矛盾や混乱、倒錯した本性をもつ。違った対応を家族がしてたら人間性は別のものになってただろう。子供の虐待は一生の問題だな。積み重ねた時間は血のつながりより大切な絆をつくった。なかなかおもしろかったです。 …続きを読む
    うののささら
    2021年11月10日
    93人がナイス!しています
  • 岐阜の山中で顔面を激しく損壊された男性の遺体が発見され、DNAから身元が特定された。発見から身元特定まで1週間、被疑者も目処がついているのに進まない捜査。事件に不審な点を見た週刊誌記者・宮治が取材を進 岐阜の山中で顔面を激しく損壊された男性の遺体が発見され、DNAから身元が特定された。発見から身元特定まで1週間、被疑者も目処がついているのに進まない捜査。事件に不審な点を見た週刊誌記者・宮治が取材を進め、明らかになった真実。報道の使命と家族への思い、血縁・戸籍・家族のこと。幼い子供への虐待とPTSD、読み応えある1冊。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2022年01月15日
    76人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品