ストリップの帝王 (角川ebook nf) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年03月05日
商品形態:
電子書籍

ストリップの帝王 (角川ebook nf)

  • 著者 八木澤 高明
発売日:
2019年03月05日
商品形態:
電子書籍

ヤクザと闘い、警察を出し抜き、ストリップ業界を支配した元銀行マン!!

ヤクザと闘い、
警察を出し抜き、
ストリップ業界を支配した元銀行マン。
バックステージから時代を握った怪物がいた!!

業界を興隆させ、破壊し、終わりを見届けた男。
その人生に、常識は通じない。

○刃物を抜いたヤクザ相手に大立ち回り、相手を病院送りに
○全国の踊り子を一手に握る
○月収1億8千万のカネをギャンブルにすべて突っ込む
○腹にダイナマイトを巻いて警察署に乗り込む
○全国指名手配をされるも逃げ切る etc.

 このような武勇伝と裏腹に、帝王と呼ばれた男・瀧口義弘は線の細い銀行マンだった。
福岡の進学校を卒業後、福岡の福岡相互銀行(現・西日本シティ銀行)に勤めていたが、昭和50年ストリッパーとして活躍していた姉に誘われ、その日のうちに辞表を出して劇場に飛び込んだ。以降、彼は帝王としてストリップ業界を差配するまで上り詰める。
 15年以上にわたり、日本各地、世界各国の色街を取材し、ストリップ劇場の栄枯盛衰も見てきた著者が描く、悪漢にして好漢の一代記!!

<目次>
まえがき
第一章 芸界――銀行マン、ストリップ業界に入る 
第二章 台頭――ダイナマイトを巻いて警察に乗り込む 
第三章 家族――全国指名手配から逃げる 
第四章 帝王――経営再建の名手となる 
第五章 挫折――後継者育成に行き詰まる 
第六章 劇場――最後の公演を見届ける 
あとがき 
主要参考文献一覧

※本書は2017年12月22日に配信を開始した単行本「ストリップの帝王」をレーベル変更した作品です。(内容に変更はありませんのでご注意ください)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ストリップの帝王 (角川ebook nf)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 銀行員からストリップの世界へ飛び込んだ瀧口義弘。踊り子たちから厚い信頼を寄せられた、ストリップ界の帝王の一代記。昭和50年頃から始まる話なのに、戦後間もない話と勘違いしそうな濃度を持つ、業界独特の空気 銀行員からストリップの世界へ飛び込んだ瀧口義弘。踊り子たちから厚い信頼を寄せられた、ストリップ界の帝王の一代記。昭和50年頃から始まる話なのに、戦後間もない話と勘違いしそうな濃度を持つ、業界独特の空気にあてられる。最近、ストリップに女性客が増えているというドキュメンタリーを観た。性から芸を売る世界に変わりつつあるようだ。今瀧口がいたら、踊り子をタレントと呼んで大事に扱っていただけに、ストリップ界に一石を投じたかもしれないなと想像してみたり・・・。人との信頼を第1に裏街道を一心に走ってきたゴールは切ない。 …続きを読む
    むぎじる
    2019年01月24日
    33人がナイス!しています
  • 『ストリップの帝王と呼ばれる人がいるんですけど、知ってますか?』 全盛期は300人の踊り子を仕切り、その影響力は全国の劇場に及んだ帝王「溝口義弘」のルポルタージュ。伝説的ストリッパーだった姉の一本の電 『ストリップの帝王と呼ばれる人がいるんですけど、知ってますか?』 全盛期は300人の踊り子を仕切り、その影響力は全国の劇場に及んだ帝王「溝口義弘」のルポルタージュ。伝説的ストリッパーだった姉の一本の電話で銀行を辞め、34歳で転職。ヤクザと闘い、警察を出し抜き、月収1億8千万のほとんどは博打に注ぎ込んだ。ストリップの黄金期作りあげると同時に衰退させた男の数奇なる物語…。ストリップの誕生から移り変わりも紹介されて往年のファンから最近知った人でも楽しめると思う。でも、本当はこんなものではない気もするけど… …続きを読む
    もっしゃん
    2018年02月28日
    27人がナイス!しています
  • 銀行員からストリップ劇場の従業員に転身、そしてストリパー300人を抱える手配師になった男の一代記。彼の人生は、ストリップという興業の盛衰と連動、そして、ストリップの衰退は、興業内容のエスカレートとも連 銀行員からストリップ劇場の従業員に転身、そしてストリパー300人を抱える手配師になった男の一代記。彼の人生は、ストリップという興業の盛衰と連動、そして、ストリップの衰退は、興業内容のエスカレートとも連動したという著者のコメントになるほどと思う。過激さは人を呼び寄せるが、一方で刺激の閾値には限界があって、ある一瞬で飽きられてしまうもの。なるほどなあと思って読了。それはともかく、不思議な誠実さを持ち続けた「帝王」の履歴はすごいとは思う。 …続きを読む
    tom
    2018年06月19日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品