試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
144
ISBN:
9784047354821

伊豆漫玉ブルース

  • 著者 桜 玉吉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
144
ISBN:
9784047354821

桜玉吉待望最新作、伊豆山中のハードな日常!! 少し東京が恋しい!!!

伊豆の山中に引っ越した桜玉吉!! 古びる家屋!! 迫る担当編集!! そして虫!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「伊豆漫玉ブルース」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 杜甫や李白の域。杜甫も李白もよく知らないけど、たぶん。 杜甫や李白の域。杜甫も李白もよく知らないけど、たぶん。
    nbhd
    2019年01月18日
    10人がナイス!しています
  • 枯れたなあ。虫と温泉とクルマの運転をネタの主とする田舎暮らしを淡々と綴っていて、これはこれで齢相応に面白い。女の子が出てこなくなったのが、ちょいと淋しいかも(リアルならこれが正しいのだが)。 枯れたなあ。虫と温泉とクルマの運転をネタの主とする田舎暮らしを淡々と綴っていて、これはこれで齢相応に面白い。女の子が出てこなくなったのが、ちょいと淋しいかも(リアルならこれが正しいのだが)。
    2019年01月15日
    9人がナイス!しています
  • 読みながら老害という言葉が頭を掠めた。作家も編集者も読者も着実に年齢を重ねていってる訳だが、林道を突っ走るおばちゃん、なかなかの「脇目もふらず感」。勝彦さんは無頼に磨きがかかりはらはらしつつもやっぱり 読みながら老害という言葉が頭を掠めた。作家も編集者も読者も着実に年齢を重ねていってる訳だが、林道を突っ走るおばちゃん、なかなかの「脇目もふらず感」。勝彦さんは無頼に磨きがかかりはらはらしつつもやっぱり(端から見る分には)面白い。死なない程度にやらかして欲しい。しかし、コンスタントに新刊が出ることがとても嬉しいなあ。 …続きを読む
    marua
    2019年01月12日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品