よたんぼう

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041078624
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

よたんぼう

  • 著者 桂 歌蔵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041078624

あがけ!もがけ!みがけ! 師匠へのオマージュをこめて捧げる落語青春小説

孤独な少年時代、唯一の気晴らしは落語だった。中学卒業を機に、風月亭鏡生に師事することを決め、和歌山の漁港の町から単身、上京した瞬。
鏡介という芸名を得、鏡生の内弟子として住み込みで前座修業に励み、青春をただひたすら、落語に捧げる。
修業のきびしさに堪えられず去って行く兄弟弟子、師匠のお嬢さんへのほのかな恋心、きびしい規律をもとめられる保守的な芸の世界への反発や、自身の才能の壁との葛藤……。
やがてテレビ業界から声がかかって浮わついた鏡介に、師匠は非情にも破門を言い渡す。
すさんだ心のまま、海外を彷徨うものの最後に辿りつく心のよりどころは、やはりいつでも落語だった――。

芸事の厳しさと、いつの世も変わらぬ人間の情。さすらいの噺家の”業”を描ききった型破りな青春落語小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「よたんぼう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • また違った、落語家の生きざまをみられた。 要所でこれ師匠ディスり?と思ってしまった。(名誉司会をディスるのもいかがなものかなんて思うが) 別作品で前座なにやってんのというのが良く分からなかったところも また違った、落語家の生きざまをみられた。 要所でこれ師匠ディスり?と思ってしまった。(名誉司会をディスるのもいかがなものかなんて思うが) 別作品で前座なにやってんのというのが良く分からなかったところもあったが、読めば読むほど、落語家になろうなんて思わなくてよかったーと思ってしまった(笑)(現役の皆さんすみません) でもこれだけの人生歩んでるなら、それすらも笑い話に出来るっていうことが落語家の強みなのかななんて思った。 勉強になることが書いてあったので思わずメモってしまった。(笑) …続きを読む
    Nazolove
    2019年04月26日
    18人がナイス!しています
  • 落語界を覗く小説。でも志ん生知っちゃってると… 落語界を覗く小説。でも志ん生知っちゃってると…
    凸凹パレード
    2019年06月17日
    7人がナイス!しています
  • 桂歌丸師匠の弟子が書いた小説。落語家さんのエッセーみたいなのは読んだことあるけど、小説は初めてで、でもついつい師匠のところは、歌丸師匠が思い浮かんでしまった。最後はいろんなことがおこっておもしろかった 桂歌丸師匠の弟子が書いた小説。落語家さんのエッセーみたいなのは読んだことあるけど、小説は初めてで、でもついつい師匠のところは、歌丸師匠が思い浮かんでしまった。最後はいろんなことがおこっておもしろかった。 …続きを読む
    みっふぃー
    2019年05月14日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品