角川文庫

表御番医師診療禄13 不治

将軍を巡る恐るべき陰謀の全てが明らかになる!シリーズ完結へ。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041077795
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

表御番医師診療禄13 不治

将軍を巡る恐るべき陰謀の全てが明らかになる!シリーズ完結へ。

  • 著者 上田 秀人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041077795

将軍を巡る恐るべき陰謀の全てが明らかになる!シリーズ完結へ。

ついに将軍綱吉の命を脅かす者たちの存在が明らかになり、御広敷番医師の矢切良衛も命を狙われることとなった。だが、良衛の敵は、城外だけではなかった。出世と保身のために、良衛を妨害せんと目論む大目付と典薬頭が、奸計を仕掛ける。将軍に牙をむく者たちの真の目的を探るため、右筆部屋で将軍家の過去を調べる良衛。そこで、良衛は、ある驚愕の事実に直面することになる。全ての真相が明かされるシリーズ完結巻。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「表御番医師診療禄13 不治」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • う~ん、なんかフォローできなくて終わらせた感あります。 配役がうまく組み立てきれないかったかもしれません う~ん、なんかフォローできなくて終わらせた感あります。 配役がうまく組み立てきれないかったかもしれません
    Atsushi Kobayashi
    2019年02月28日
    16人がナイス!しています
  • シリーズ13作目、前作で先行きが見えてきたと思ったらやはりこの巻で終結でした。この巻では敵が蔓延ってきた理由が明らかにされますが家光の出生の話は上田さんの他の本にも登場している?なんかこんな形で終わっ シリーズ13作目、前作で先行きが見えてきたと思ったらやはりこの巻で終結でした。この巻では敵が蔓延ってきた理由が明らかにされますが家光の出生の話は上田さんの他の本にも登場している?なんかこんな形で終わってしまうとどうにも納得できない …続きを読む
    clearfield
    2019年02月27日
    8人がナイス!しています
  • あ〜ぁ、もう完結してしまったのか。お気に入りのシリーズだったので、もっと続いて欲しかったのに、急転直下で終わった気がするな。チャンバラ有り、漢気有り、陰謀有り、史実有り、そして史実を超えた発想有り。春 あ〜ぁ、もう完結してしまったのか。お気に入りのシリーズだったので、もっと続いて欲しかったのに、急転直下で終わった気がするな。チャンバラ有り、漢気有り、陰謀有り、史実有り、そして史実を超えた発想有り。春日局と家光の関係なんて、どうしたら、こんなことを思い付くんでしょうね。そして発想だけではなく、それを違和感なく読ませてくれる。▼いや、凄い凄い、やっぱり上田秀人は止められない。 …続きを読む
    富山太郎
    2019年03月09日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

上田 秀人

1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。97年「身代わり吉右衛門」が第20回小説クラブ新人賞佳作に入選しデビュー。
2010年『孤闘立花宗茂』で第16回中山義秀文学賞受賞。14年「奥右筆秘帳」シリーズで第3回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞を受賞。
その他のシリーズに「百万石の留守居役」(講談社文庫)「御広敷用人 大奥記録」(光文社文庫)「闕所物奉行 裏帳合」(中公文庫)「町奉行内与力奮闘記」(幻冬舎時代小説文庫)「禁裏付雅帳」(徳間文庫)「日雇い浪人生活録」(ハルキ時代小説文庫)など多数。16年『傀儡に非ず』(徳間書店)で著作100冊を突破した。

最近チェックした商品