試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041077764

響野怪談

  • 著者 織守きょうや
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041077764

『記憶屋』著者の新たなノスタルジック・ホラー!

響野家の末っ子・春希は怖がりなのに霊感が強く、ヒトではないものたちを呼び寄せてしまう。
留守番中を狙ったようにかかってくる電話。
何度捨てても家の前に現れるスニーカー。
山小屋で出会った少女が寝言を聞かれるのを嫌がる理由……。
些細だった怪異は徐々にエスカレートし、春希だけでなく、彼を守ろうとする父や兄たちをもおびやかしていく。

『記憶屋』著者が日常と異界の狭間へと誘う、ノスタルジック・ホラー!

もくじ

電話
目が覚めると 1
目が覚めると 2
目が覚めると 3
図書室、あるいは話してはいけない話

おばあちゃん
ないもの
引っ越し 
ひなあられ
残業
猫屋敷
おばあちゃん・続
秋也兄さんはときどき消える
寝言に返事をしてはいけない
足、あるいはシャワー室の怪
蓮の池
ついている
廃墟探索
再会
訪問者
お礼
布団
シロ
シロ2
番犬
首がない
エレベーター
後ろ姿
紫煙
指定席
父子の会話
再訪

※「目が覚めると」数字はローマ数字

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「響野怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日常に潜む違和感。子供の頃には見えていたかも知れないものがあったのかも知れない。響野家の末っ子・春希は人よりも霊感が強い為にトラブルに巻き込まれやすいのをお兄さんやお父さんが守ってくれる日常を緩く繋が 日常に潜む違和感。子供の頃には見えていたかも知れないものがあったのかも知れない。響野家の末っ子・春希は人よりも霊感が強い為にトラブルに巻き込まれやすいのをお兄さんやお父さんが守ってくれる日常を緩く繋がりながら綴った連作短編集。ホラーだから恐いのだけど家族の絆と温かさが感じる。このままユルリと終わるのかと思いきや、最後に物語から突き放されるような怖さが待っている。不思議な余韻に浸りました。そして「寝言には返事はしていけない」事を覚えておこう! …続きを読む
    タカユキ
    2019年05月18日
    101人がナイス!しています
  • 署名本入手。ホラー連作短編集。深夜の学校、山小屋の女の子、祖父の田舎で出会ったものと中学生の主人公が体験する様々な怪異が描かれている。怖いというより懐かしい、どことなくノスタルジアを感じさせる作風なの 署名本入手。ホラー連作短編集。深夜の学校、山小屋の女の子、祖父の田舎で出会ったものと中学生の主人公が体験する様々な怪異が描かれている。怖いというより懐かしい、どことなくノスタルジアを感じさせる作風なのは、文体のせいか少年が主人公であるせいか。読んでいると「かそけき」という言葉がふと思い浮かんでくる。日常の中に怪異が潜んでいるという作品が多いけど、守っていてくれる存在が多いせいか危機感を感じさせる話は少なめ。ダーレスやキングを例に出すまでもなく、ホラーと郷愁は相性がいいものだと再確認させられた一冊でした。 …続きを読む
    HANA
    2019年06月29日
    64人がナイス!しています
  • 連作短編集の怖い話。でも、あまり怖さはないかな。寒い時期の今じゃなくて真夏の夕方に西瓜を食べながら読みたくなるような感じ。末っ子の春希は怖がりだけど霊感が強くそういうモノに好かれるというか呼び寄せてし 連作短編集の怖い話。でも、あまり怖さはないかな。寒い時期の今じゃなくて真夏の夕方に西瓜を食べながら読みたくなるような感じ。末っ子の春希は怖がりだけど霊感が強くそういうモノに好かれるというか呼び寄せてしまう体質。そんな時にいつも助けてくる兄や父との関係が微笑ましい。シリーズ化すればまた読みたい。どちらかと言うとホラーとか心霊というよりは、懐かしさを思わせる「お化け」のお話。 …続きを読む
    キンモクセイ
    2019年12月17日
    40人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品