角川文庫

バベル九朔

91階建てビルから一歩も出ずに繰り広げられる、最狭かつ最高の冒険譚!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041077627
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

バベル九朔

91階建てビルから一歩も出ずに繰り広げられる、最狭かつ最高の冒険譚!

  • 著者 万城目 学
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041077627

91階建てビルから一歩も出ずに繰り広げられる、最狭かつ最高の冒険譚!



カラス女、ヘンテコ店舗、夢の結末――雑居ビル管理人を最上階で待つものは。

全編ずっとビルのなか。
最狭(さいきょう)かつ最高の冒険譚!


俺は5階建ての雑居ビル「バベル九朔」の管理人をしながら作家を目指している。
巨大ネズミ出没、空き巣事件発生と騒がしい毎日のなか、ついに自信作の大長編を書き上げた。
だが、タイトル決めで悩む俺を、謎の“カラス女”が付け回す。
ビル内のテナントに逃げこんだ俺は、ある絵に触れた途端、見慣れた自分の部屋で目覚める――外には何故か遙か上へと続く階段と見知らぬテナント達が。
「バベル九朔」に隠された壮大な秘密とは?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バベル九朔」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 独自のファンタジックな設定からすれば面白くなりそうなものだが、序盤のモタツキと終盤のモヤモヤが強めですっきり楽しいとはならなかったな。『もうすこしです』。展開上必要なのはわかるがカラスや少女とのコミュ 独自のファンタジックな設定からすれば面白くなりそうなものだが、序盤のモタツキと終盤のモヤモヤが強めですっきり楽しいとはならなかったな。『もうすこしです』。展開上必要なのはわかるがカラスや少女とのコミュニケーションが成り立たないやりとりがやけにイライラ。大九朔がバベルを必用とする理由はわかるが、カラス(側)がバベルを作らせたうえで“清算”する理屈がわからない、俺が読み取れなかっただけなのかな?巻き込まれ型主人公ではよくある、終盤で突然主人公が“目覚める”パターンも今作ではやけに気に障ってしまったなぁ。 …続きを読む
    おかむー
    2019年04月13日
    72人がナイス!しています
  • 『カラス』… 真城目さん、奇作品⁈ 自伝的小説らしい。 いつもとは毛並みの違う作品で、万城目ワールドに引きずり込まれるようなことはなかったが、所々に万城目さんらしさはあったかな⁈ 今後、新し 『カラス』… 真城目さん、奇作品⁈ 自伝的小説らしい。 いつもとは毛並みの違う作品で、万城目ワールドに引きずり込まれるようなことはなかったが、所々に万城目さんらしさはあったかな⁈ 今後、新しい万城目学に出会えることを期待して。。 …続きを読む
    Junichi Yamaguchi
    2019年03月23日
    44人がナイス!しています
  • 日常の中に隠されていた扉を開けたら広がっていた非日常。そのスケールの大きさが万城目さんらしい。すべてを望むままにとバベルを築き上げた人間の不遜さよ。でも、それに流される弱さは誰しも持っていると思うのだ 日常の中に隠されていた扉を開けたら広がっていた非日常。そのスケールの大きさが万城目さんらしい。すべてを望むままにとバベルを築き上げた人間の不遜さよ。でも、それに流される弱さは誰しも持っていると思うのだ。その誘惑に打ち勝って「戻る」も「ここにいる」も自分の意志で宣言した主人公の思いがけない強さに目をみはった。言葉の力を信じ、自分でタイトルを付けていない小説を拒んだ彼は、きっと本物の「作家」なのだろう。物語をすべて理解できた自信はないが、「わからない」≠「つまらない」だということを教えてくれる作品だと思う。 …続きを読む
    ユメ
    2019年04月11日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品