竜魔神姫ヴァルアリスの敗北 ~魔界最強の姫が人類のグルメに負けるはずがない~

竜魔神姫ヴァルアリスの敗北 ~魔界最強の姫が人類のグルメに負けるはずがない~ 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年01月17日
商品形態:
電子書籍

竜魔神姫ヴァルアリスの敗北 ~魔界最強の姫が人類のグルメに負けるはずがない~

  • 著者 仁木 克人
  • イラスト 茨乃
発売日:
2019年01月17日
商品形態:
電子書籍

魔界最強の姫VS人類のごはん 世界の命運を賭けた爆笑グルメバトル開幕!

「人類など、塵のようなもの。私が滅ぼしてくれる」

魔界最強の姫ヴァルアリスは、異界を滅ぼさなければならないという王族に課せられた試練のため、人類を滅ぼすべく人界に降り立った。
試練には、その世界が存在したことの証明となるその地の文化物を、滅ぼす前に保存しなければならないという守るべき厳格なルールがあった。
そこで人類の料理を文化物として保存しようと考えるヴァルアリス。

しかし、そんなヴァルアリスを待ち構えていたのは、カレー、ラーメン、寿司、パンケーキなどのあまりにも美味な人類の料理! 
そして、お客様のためとんでもないこだわりと熱量で調理する常人を大きく逸脱した最強の料理人たちだった!
はたして、ヴァルアリスは食の誘惑に打ち勝ち、料理を食べきらずに保存して、人類を根絶せしめる事ができるのか!?

「くっ、何故こんなにも美味しいのだぁぁぁぁ!」

頑張れ、ヴァルアリス! 世界の命運を賭けた最高のグルメコメディバトル開幕!

登場人物

〔トンデモナイゼ〕
竜魔神姫 ヴァルアリス

圧倒的な強さと美しさを兼ね備えた魔界の姫。王の座に就くために、人類を滅ぼしに来るのだが……?

〔ソーデモナイゼ〕
剣魔神姫 インフェリス

ヴァルアリスと同じく王族の血を継ぐもの。ヴァルアリスのことをライバル視しているが、軽くあしらわれている。

サチュラ

ヴァルアリスの部下。ヴァルアリスのことが大好きで血の繋がりはないもののお姉さまと呼ぶ甘えたがり。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「竜魔神姫ヴァルアリスの敗北 ~魔界最強の姫が人類のグルメに負けるはずがない~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • このルビの振り方が個人的にツボに入ったわ、めっちゃ適当で面白いやんwヴァルアリスが人の世界を滅ぼそうとする前に食に対して勝負を挑んでいくが敗北していく物語。ちょいと食に関してアホ可愛くなるヴァルアリス このルビの振り方が個人的にツボに入ったわ、めっちゃ適当で面白いやんwヴァルアリスが人の世界を滅ぼそうとする前に食に対して勝負を挑んでいくが敗北していく物語。ちょいと食に関してアホ可愛くなるヴァルアリスが良かったし、食レポもなかなかに美味しそうに書かれていたな。そして何よりインフェリスとの絡みが最高でした。もっと絡んでくれてもいいのに。そして職人達による粋な心遣いも良かったわ。次巻もヴァルアリスがどんな風にして食に対して負けていくのか楽しみだわ。 …続きを読む
    アウル
    2019年01月20日
    18人がナイス!しています
  • 人類を滅ぼす為東京に降臨した魔界最強の姫が、人類のグルメとそれを生み出す料理人達に敗北を重ねる物語。―――最強でも、原始的欲求には勝てぬもの? とりあえずこの物語を寝る前、そして食事後に読むのはお薦め 人類を滅ぼす為東京に降臨した魔界最強の姫が、人類のグルメとそれを生み出す料理人達に敗北を重ねる物語。―――最強でも、原始的欲求には勝てぬもの? とりあえずこの物語を寝る前、そして食事後に読むのはお薦め出来ない。何故なら読むとお腹が減るから。それほどまでに食レポを期せずしてしてしまう姫様が可愛らしく、彼女に表現されるグルメが紙面に映える、大笑いできてお腹が間違いなく減る、飯テロ系物語として一つの究極形である物語である。延々と進まぬ侵略、対照的に満たされる腹。次の料理は如何なるものか。 次巻も楽しみである。 …続きを読む
    真白優樹
    2019年01月31日
    6人がナイス!しています
  • カクヨム版は読んでいるので一応再読。人類の文化を封印し、滅びを与えに来た魔界最強の竜魔神姫ヴァルアリス。彼女を迎え撃つは、恐るべき料理の狂人たちが生み出したこだわりの一品たち。美味い、旨すぎる!そして カクヨム版は読んでいるので一応再読。人類の文化を封印し、滅びを与えに来た魔界最強の竜魔神姫ヴァルアリス。彼女を迎え撃つは、恐るべき料理の狂人たちが生み出したこだわりの一品たち。美味い、旨すぎる!そして今日もヴァルアリス様はその美食に敗北し、読者の腹は空腹にさいなまれる。恐るべき飯テロコメディである。もったいぶったヴァルアリス様が美食に陥落していくさまは、滑稽でありながら、同時に我々自身の胃袋をも責めたててくるのだ。何より恐ろしいのはそのノリが実在店舗とのコラボでも変わらないこと。VS美食の戦いは続く。 …続きを読む
    シャル
    2019年01月17日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品