試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041076644

監殺

  • 著者 古野 まほろ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784041076644

唯一無二、異色の警察ドラマ! 晴らせぬ組織人の恨み、晴らします――

優秀な警部が警察署内で首を吊った。闘病の末の自殺だという。背景にあったのは組織ぐるみの陰湿なパワハラだった。警察の罪を取り締まる目的で集められた異端児集団「監殺部隊SG班」は、悪徳上司たちに”処分”を下すため、秘密裏に動き始める……。出世レース、派閥争い、人間関係の軋轢――私怨と義憤が渦巻く中、声なき者の無念は晴らせるのか。組織で働くすべての人に贈る、元警察官による圧巻の復讐ドラマ!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「監殺」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 必殺仕事人の現在警察版みたいな感じ。 必殺仕事人の現在警察版みたいな感じ。
    坂城 弥生
    2021年09月20日
    38人がナイス!しています
  • 元キャリア警察官による必殺仕事人サスペンス。小気味良い。 元キャリア警察官による必殺仕事人サスペンス。小気味良い。
    てつ
    2022年02月02日
    34人がナイス!しています
  • 読み始めた当初は、どんな展開になるのだろうと思いつつ読んでいたのですが途中で、あぁこれは現代版“必殺仕置人”だと気づくと、本作の構図がはっきり見えてきました。 読み始めた当初は、どんな展開になるのだろうと思いつつ読んでいたのですが途中で、あぁこれは現代版“必殺仕置人”だと気づくと、本作の構図がはっきり見えてきました。
    信兵衛
    2021年12月19日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品