猟犬の旗

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041076491

猟犬の旗

  • 著者 芝村 裕吏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年06月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041076491

関空、新宿駅でテロ発生!! 外国人“スパイ”はどの旗に忠誠を誓うのか?

「お前たちのためじゃない。俺の仕事のためだ」
「外国人の反乱か。いいな。確かに現状はそういう感じになりつつある」

 日本の誇る情報機関(便宜上「イトウ家」と呼ばれる)、そこには使役される猟犬(スパイ)がいる。
「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」猟犬たち。
ある者は望んで、ある者は脅され、その身を機関に捧げている。
 外国人にもかかわらず、不本意ながら猟犬となった男が休暇を取ったその日、日本のまどろみは崩壊した――。
関西国際空港に新宿駅、日本の主要都市で起きる爆弾テロに銃撃テロ。“外国人の反乱”に、男が動く。
 猟犬は、どの旗に忠誠を誓うのか?

 現代日本を舞台とした、スパイ小説の新潮流!!

もくじ

第一章 発火
第二章 “平和”
第三章 雇用
第四章 外人
第五章 対峙
第六章 日本


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「猟犬の旗」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 関西国際空港に新宿駅、日本の主要都市で次々と起きる爆弾テロに銃撃テロ。凄惨な事件に発展していく中、外国人にもかかわらず不本意ながら猟犬となった男が奔走するシリーズ第二弾。休暇中に襲われたり相変わらず物 関西国際空港に新宿駅、日本の主要都市で次々と起きる爆弾テロに銃撃テロ。凄惨な事件に発展していく中、外国人にもかかわらず不本意ながら猟犬となった男が奔走するシリーズ第二弾。休暇中に襲われたり相変わらず物騒な日常を送っていますが、人質を取られ文句を言いながらも矜持だけは失わない主人公が、何だかんだで道端で途方に暮れている少女を救ったり、何事もない日常を取り戻すためテロリストに立ち向かう姿がいいですね。それにしても日本も一歩間違えれば…とかいろいろ考えてしまいましたが、このエピソードは前巻の前日譚なんですかね? …続きを読む
    よっち
    2019年07月17日
    30人がナイス!しています
  • 前作のこと全部覚えてなかったんですが、思い出すだろう・・・と買ってみましたが、スピーディな展開でサクサク読了。まあ実際の日本はこうはならんな・・・と思いつつも、どんでん返しもありで面白かった。スピンオ 前作のこと全部覚えてなかったんですが、思い出すだろう・・・と買ってみましたが、スピーディな展開でサクサク読了。まあ実際の日本はこうはならんな・・・と思いつつも、どんでん返しもありで面白かった。スピンオフ作品なんですね、知らなかった。 …続きを読む
    東風
    2019年07月01日
    2人がナイス!しています
  • 図書館。 図書館。
    あいちょ。
    2019年09月18日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品