猟犬の國

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041076484

猟犬の國

  • 著者 芝村 裕吏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年05月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041076484

軍事小説の新境地を拓いた著者が贈る、いま最もリアルなスパイ小説!!

「何事もないのが一番いい。そのためならどんなこともする」

日本の誇る情報機関。
その組織には、名前すらない――。
ただ、便宜上「イトウ家」と呼ばれる。
平和にまどろむ日本が一日も長く続くように戦う無名の戦士、いや猟犬たち。
今日も情報と軽武装を頼りに、国内外の”邪魔者”を騙し、操り、脅し、殺す。
「好き好んでこんなことをしてると思うなよ、ニッポン人」
日本人でもないのに、猟犬に不本意ながらなった男がいた。――良心をすり減らして生きてきた男の今日の仕事は?

軍事小説の新境地を拓いた著者が贈る、最もリアルなスパイアクション!!

もくじ

第一話 日常

第二話 “親子”

第三話 調停

第四話 教育

第五話 狩猟

解説 北上次郎


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「猟犬の國」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 便宜上「イトウ家」と呼ばれる日本の誇る情報機関。日本人でもないのに不本意ながら猟犬になった男が、情報と軽武装を頼りに、国内外の邪魔者を排除するスパイ小説。あの「イトウさん」は組織名だったの?とか思わな 便宜上「イトウ家」と呼ばれる日本の誇る情報機関。日本人でもないのに不本意ながら猟犬になった男が、情報と軽武装を頼りに、国内外の邪魔者を排除するスパイ小説。あの「イトウさん」は組織名だったの?とか思わなくもなかったですが、スパイとしての大阪での日常を過ごす偽日系人の経歴を持つ男が、警察庁から出向してきた新人・幸恵に情け容赦のない環境を「アウトロー!」とか散々に罵られながら、コンビを組んでスパイとして新人教育していくゆるい展開がなかなか面白かったです。もしかしてあの人なんですかね(苦笑)とりあえず続巻も期待。 …続きを読む
    よっち
    2019年06月17日
    38人がナイス!しています
  • 凄く面白かったです 凄く面白かったです
    ドットジェピー
    2019年08月28日
    9人がナイス!しています
  • まるで会話劇のようなスパイ小説。あとがきを相性の悪い〇上次郎が書いている時点で止めておけばよかったのですが…コミカルな感じは悪くはないのですが、なんか、個人的にはイマイチですね。当初は続編『猟犬の旗』 まるで会話劇のようなスパイ小説。あとがきを相性の悪い〇上次郎が書いている時点で止めておけばよかったのですが…コミカルな感じは悪くはないのですが、なんか、個人的にはイマイチですね。当初は続編『猟犬の旗』も読む予定でしたが、1冊でいいや(笑) …続きを読む
    ふぇねら
    2019年05月29日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品