サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041076323
ニコカド祭り2020

サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する

  • 著者 梯 久美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041076323

その島は、歴史の狭間に漂っていた。近現代史の縮図を征く珠玉の紀行ルポ!

各紙誌で絶賛! 新たな「宮沢賢治論」の誕生!!
(『産経新聞』2020年5月10日 評者・江上剛氏、『河北新報』2020年5月10日 評者・土方正志氏、『毎日新聞』2020年5月30日 評者・池澤夏樹氏)ほか

「『廃線紀行』に代表される鉄道紀行と『狂うひと』に代表される作家研究が融合しあい、比類のない作品が生まれたことを心から喜びたい」原武史氏(2020年4月23日『カドブン』)

かつて、この国には“国境線観光”があった。
樺太/サハリン、旧名サガレン。
何度も国境線が引き直された境界の島だ。
大日本帝国時代には、陸の“国境線“を観に、北原白秋や林芙美子らも訪れた。
また、宮沢賢治は妹トシが死んだ翌年、その魂を求めてサガレンを訪れ、名詩を残している。
他にもチェーホフや斎藤茂吉など、この地を旅した者は多い。いったい何が彼らを惹きつけたのか?
多くの日本人に忘れられた島。その記憶は、鉄路が刻んでいた。
賢治の行程を辿りつつ、近現代史の縮図をゆく。
文学、歴史、鉄道、そして作家の業。全てを盛り込んだ新たな紀行作品!

【目次】

第一部 寝台急行、北へ
 一 歴史の地層の上を走る
 二 林芙美子の樺太
 三 ツンドラ饅頭とロシアパン
 四 国境を越えた恋人たち
 五 北緯50度線のむこう
 六 廃線探索と鉱山王
 七 ニブフの口琴に揺られて

第二部 「賢治の樺太」をゆく
 一 「ヒロヒト岬」から廃工場へ
 二 賢治が乗った泊栄線
 三 「青森挽歌」の謎
 四 移動する文学
 五 大日本帝国、最果ての駅へ
 六 オホーツクの浜辺で
 七 チェーホフのサハリン、賢治の樺太
 八 白鳥湖の謎
 九 光の中を走る汽車
 十 すきとおったサガレンの夏

おわりに
主要参考文献一覧

もくじ

第一部 寝台急行、北へ
 一 歴史の地層の上を走る
 二 林芙美子の樺太
 三 ツンドラ饅頭とロシアパン
 四 国境を越えた恋人たち
 五 北緯50度線のむこう
 六 廃線探索と鉱山王
 七 ニブフの口琴に揺られて

第二部 「賢治の樺太」をゆく
 一 「ヒロヒト岬」から廃工場へ
 二 賢治が乗った泊栄線
 三 「青森挽歌」の謎
 四 移動する文学
 五 大日本帝国、最果ての駅へ
 六 オホーツクの浜辺で
 七 チェーホフのサハリン、賢治の樺太
 八 白鳥湖の謎
 九 光の中を走る汽車
 十 すきとおったサガレンの夏

おわりに
主要参考文献一覧

メディアミックス情報

NEWS

「サガレン 樺太/サハリン 境界を旅する」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • サガレンとは樺太、サハリンのこと。近いけれど馴染みのない地、そして宮沢賢治の旅の足跡に興味が湧いて読んでみた。前半は作者の趣味的な廃線探索の旅。こちらは鉄道旅行記な感じで割とまったり。後半は宮沢賢治の サガレンとは樺太、サハリンのこと。近いけれど馴染みのない地、そして宮沢賢治の旅の足跡に興味が湧いて読んでみた。前半は作者の趣味的な廃線探索の旅。こちらは鉄道旅行記な感じで割とまったり。後半は宮沢賢治の樺太旅行が主題。その旅行が「銀河鉄道の夜」のモチーフになったと言われているそうで、確かに旅の際に賢治が書いた詩や光景から物語の場面が浮かび上がる。この旅は彼の亡き妹の声を探す旅でもあり、詩に込められた彼の心情の変化がはっきりと感じられた。「春と修羅」の序文から読み取れるこの旅の意味の見解にもなるほどと合点。 …続きを読む
    buchipanda3
    2020年10月21日
    111人がナイス!しています
  • サガレン、現在のサハリン(樺太)の古称。元来、アイヌ、ニブウなどの人々が暮らしていたこの島は、近代になり日露のせめぎ合いの地となる。日露戦争で南半は一時、日本領になるも、二次大戦を経て現在のソ連/ロシ サガレン、現在のサハリン(樺太)の古称。元来、アイヌ、ニブウなどの人々が暮らしていたこの島は、近代になり日露のせめぎ合いの地となる。日露戦争で南半は一時、日本領になるも、二次大戦を経て現在のソ連/ロシア領に。著者は2017年、ユジノサハリンスク(豊原)から寝台急行で北部の街ノグリキを目指す。戦前、樺太を鉄路旅した林芙美子の足跡を重ねながら。更に翌年、宮沢賢治が亡き妹の姿を追った樺太南部の地を訪ねて想う。賢治には妹はいまだ死出の旅路の途上にあるように思えたのではと。それは後の『銀河鉄道の夜』に繋がる旅に。 …続きを読む
    まーくん
    2020年06月12日
    99人がナイス!しています
  • サハリンの鉄道の旅、廃線跡の旅。北原白秋、林芙美子、チェーホフ、そして、宮沢賢治が旅したサハリン。本書のタイトルであるサガレンとは、いくつもあるサハリン=樺太の呼び名のうち、特に宮沢賢治が呼んだ名前だ サハリンの鉄道の旅、廃線跡の旅。北原白秋、林芙美子、チェーホフ、そして、宮沢賢治が旅したサハリン。本書のタイトルであるサガレンとは、いくつもあるサハリン=樺太の呼び名のうち、特に宮沢賢治が呼んだ名前だとか。自分自身、故郷である函館から、ユジノサハリンスク行きへの飛行機が飛んでいるのに、サハリンがどういうところか全然知らなかった。北緯50度線、かつて日本には陸地に国境線があった。そのことが、すごく不思議な気がする。「銀河鉄道の夜」のいくつかの場面が、賢治のサガレン行が元になっているというのもとても興味深い。 …続きを読む
    いたろう
    2020年10月25日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品