昭和二十年夏、女たちの戦争

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041003824

昭和二十年夏、女たちの戦争

  • 著者 梯 久美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041003824

妻でもない、母でもない、女として戦時下を生きた5人の女性対の証言!

近藤富枝、吉沢久子、赤木春恵、緒方貞子、吉武輝子。太平洋戦争中に青春時代を送った5人の女性たち。それは悲惨な中にも輝く青春の日々だった。あの戦争の証言を聞くシリーズ第2弾。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「昭和二十年夏、女たちの戦争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 74年目の敗戦の日に。5人の女性たちの戦前、敗戦、戦後が語られる。姉妹編の『昭和二十年夏、僕は兵士だった』とは随分受ける印象が違う。男たちのそれは、ほぼ共通して観念としての戦争があり、女たちのそれは観 74年目の敗戦の日に。5人の女性たちの戦前、敗戦、戦後が語られる。姉妹編の『昭和二十年夏、僕は兵士だった』とは随分受ける印象が違う。男たちのそれは、ほぼ共通して観念としての戦争があり、女たちのそれは観念ではなく、生のしなやかさがあるようだ。それは例えば、B29を見て「きれいだった」とする感性であり、敗戦の玉音放送を聞いて、それまではいていたもんぺを脱ぎ捨てて、きれいな浴衣に着替える感性である。最も象徴的なのは、冒頭で語られる、ヒロシマで被爆死した若い女性たちが身に付けていたワンピースのエピソードだろう。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2019年08月15日
    391人がナイス!しています
  • これも梯さんの「僕は兵士だった」に続く5人の女性の戦争時期体験記を聞き書きしたものです。近藤冨枝、吉沢久子、赤木春恵、緒方貞子、吉武輝子さん5人の体験記です。個人個人本当に大変な努力をしながら生き抜い これも梯さんの「僕は兵士だった」に続く5人の女性の戦争時期体験記を聞き書きしたものです。近藤冨枝、吉沢久子、赤木春恵、緒方貞子、吉武輝子さん5人の体験記です。個人個人本当に大変な努力をしながら生き抜いてきたということで、人には語れない努力やすさまじい人生経験をされた方もいます。それでもここに書かれている方はその後の人生において成し遂げた業績は大したものなのでしょう。そこまでいかない女性も数多くあったということも忘れないようにしなければ、という気がします。 …続きを読む
    KAZOO
    2015年08月30日
    105人がナイス!しています
  • 彼女たちが語ってくれた具体的であざやかなエピソードを通して、私たちは、はるか遠いと思っていたあの時代に、ただ怖ろしいだけだと思っていた戦争というものに、わずかだが触れることができる。戦時下にもきらめく 彼女たちが語ってくれた具体的であざやかなエピソードを通して、私たちは、はるか遠いと思っていたあの時代に、ただ怖ろしいだけだと思っていた戦争というものに、わずかだが触れることができる。戦時下にもきらめく青春の日々があったことを、知ることができる/一人の女子学生が近づいてきて「今日お話を聞いて、はじめて戦時中のイメージがカラーになりました」と言った。それまではモノクロームのイメージしかなかったという。/「僕は兵士だった」と合わせて読む事をお薦めします。観念と理屈と仕事ばかりが頭に浮かぶような男性は特に(自戒) …続きを読む
    樋口佳之
    2018年11月19日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品