試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041074169

ファミリー・レス

  • 著者 奥田 亜希子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041074169

ほんとうの“家族”とは何か――? いま、あなたに一番読んでほしい物語。

「家族か、他人か、互いに好きなほうを選ぼうか」ふたつきに一度だけ会う父娘、妻の家族に興味を持てない夫。家族というには遠すぎて、他人と呼ぶには近すぎる――現代的な”家族”を切り取る珠玉の短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ファミリー・レス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 文庫にて再読。数日前に同じように再読した本が前に読んだときと比べてあんまりだったので心配になって、もったいなくて積んだままだったこちらをチョイス。これは、再読でも良いままでした。はっきりとどの辺りが、 文庫にて再読。数日前に同じように再読した本が前に読んだときと比べてあんまりだったので心配になって、もったいなくて積んだままだったこちらをチョイス。これは、再読でも良いままでした。はっきりとどの辺りが、とかはわからないんだけど、涙がぽろぽろとこぼれました、何度も。前に読んだときには気にならなかったウーパールーパーの成体化がとても気になるのだけれど、もしも画像検索とかしたら私には受け止めきれないのではないかと思って踏み出せません。高校生くらいまで、爬虫類や両生類は苦手すぎて、図鑑で見ても怖くて号泣してたので。 …続きを読む
    さおり
    2019年02月07日
    41人がナイス!しています
  • 姉と絶縁して家を出たOL、妻の家族に関心を持てない画家の夫、曾祖母と同居することになった中学生…。家族に戸惑うひとたちの連作短編集。家族は流動的で、増えたり減ったり、欠けたり満ちたりする。そんな継ぎ接 姉と絶縁して家を出たOL、妻の家族に関心を持てない画家の夫、曾祖母と同居することになった中学生…。家族に戸惑うひとたちの連作短編集。家族は流動的で、増えたり減ったり、欠けたり満ちたりする。そんな継ぎ接ぎの家族の無遠慮さに、時に救われることもある。中学生男子の初恋の行方を描いた「さよなら、エバーグリーン」が好き。家族と呼ぶには遠い身内、けれど確かに他人ではないひと。そんなひとと心を通わす瞬間の美しさと、少年の心の揺らぎの痛さが、青い。連作短編といいつつ、つながりが見出せない話も…読み込みが浅いか? …続きを読む
    カノコ
    2020年07月08日
    40人がナイス!しています
  • 奥田亜希子さんの小説は、読み手である私の心を独特な抉り方をするという気がしている。登場人物の抱える痛みに共感するというよりは、彼らから欠落してしまったものの破片がこちらに突き刺さるというような。家族関 奥田亜希子さんの小説は、読み手である私の心を独特な抉り方をするという気がしている。登場人物の抱える痛みに共感するというよりは、彼らから欠落してしまったものの破片がこちらに突き刺さるというような。家族関係という普遍のテーマだけに、私自身の「レス」も改めてはっきり突きつけられた。原家族との関係が良好であるかは、自分には決められない。家族の言葉に無自覚に呪われ続けてきた人たちが、家族と離れたあと、大切なものを欠いた自分でどうやって生きていくのか。不格好なぐらい必死で足掻いている彼らが、たまらなく愛おしかった。 …続きを読む
    ユメ
    2019年06月04日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品