ファミリー・レス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年05月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041039045

ファミリー・レス

  • 著者 奥田 亜希子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年05月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041039045

本読みの間でファン急増中! ”かぞく”のかたちを描く珠玉の短編集。

姉と絶縁中のOLと、ルームメイトの毒舌女子。怒りん坊の妻と、そんな彼女を愛しているけれど彼女のかぞくに興味を持てない画家の夫。バツイチのアラフォー男性と、妻に引き取られた娘。ほんとうの親子になりたい母親と、姉の忘れ形見の少女。同じ屋根の下で暮らす女ともだちや、ふたつきに一度だけ会う親子。家族というには遠すぎて、他人と呼ぶには近すぎる――単純なことばでは表せない現代的な”かぞく”の姿を、すばる文学賞受賞新鋭が切り取りました。瀧井朝世、豊崎由美、東えりかなど本読みたちが大絶賛! 紡がれるひと言ひと言が心を揺さぶる、感涙必至の短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ファミリー・レス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何処かで繋がる連作短編集。ちょっと帯はアレだったけれど・・私のなかの棘をちょっと刺激してくれた。これも家族・・あれも家族・・微妙な関係・微妙な自分の心の揺れを代替して紡いでいた。6作どれも読了後の心地 何処かで繋がる連作短編集。ちょっと帯はアレだったけれど・・私のなかの棘をちょっと刺激してくれた。これも家族・・あれも家族・・微妙な関係・微妙な自分の心の揺れを代替して紡いでいた。6作どれも読了後の心地よさが好き。着地点が様々なのが好き。ハッピーエンドで、ちゃんちゃん。の物語も好きだけれど、ほんの少し苦さがあるのも好きだ。まぁ、好みはあるだろうが、家族ってなんだろうね・・『指と筆が結ぶもの』のじいさん(祖父)が好きだった。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2016年09月15日
    160人がナイス!しています
  • 最近、すっかりハマっている奥田さん作品の3冊目になります。瀬尾まいこさんや原田マハさんとはまたちょっと違った安心感と千早さんや彩瀬さんともまたひと味違った独特な雰囲気の作風がお気に入りです。本作もタイ 最近、すっかりハマっている奥田さん作品の3冊目になります。瀬尾まいこさんや原田マハさんとはまたちょっと違った安心感と千早さんや彩瀬さんともまたひと味違った独特な雰囲気の作風がお気に入りです。本作もタイトルにあるとおり’ファミリー’をテーマに6編で綴られる連作集で、微妙な繋がり方がステキです。各章で登場する人物を別の章でまた違った目線から物語を展開させていくので、気がつけばイッキに読んでしまっていました。たたふんわりと優しいだけではなく、厳しさと愛情の微妙なバランスがクセになる作家さんで、今後も楽しみです。 …続きを読む
    おしゃべりメガネ
    2018年07月14日
    126人がナイス!しています
  • 図書館で新刊をインスピレーションで選んでみたが『大正解』。完全な家族の形態からはどこか一部が欠落していてる人たちの話。短編集だがどこかしら一部の人が関連があって、砂田麻美『一瞬の雲の切れ間に』と似てる 図書館で新刊をインスピレーションで選んでみたが『大正解』。完全な家族の形態からはどこか一部が欠落していてる人たちの話。短編集だがどこかしら一部の人が関連があって、砂田麻美『一瞬の雲の切れ間に』と似てる。どの話も、我慢があったり、悩んだり、誰もが遭遇しそうな人生の一場面を絶妙な切り口で表現している。時折、思わずメモしたくなるようなドキッとする文章があった。今回は図書館で借りたが、文庫化されたら自分の本棚用に買おうかと思っている。最終話の「アオシは世界を選べない」が難しい話を犬目線でまとめており良作だった。 …続きを読む
    ちょき
    2016年07月21日
    93人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品