犯罪小説集

映画化作品

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041073865

映画化作品

犯罪小説集

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041073865

人はなぜ、罪を犯すのか?

本作を原作にした映画『楽園』2019年秋公開! 出演 綾野剛 杉咲花/佐藤浩市 監督・脚本 瀬々敬久
人はなぜ、罪を犯すのか? 『怒り』『国宝』の著者、最新文庫化!
田園に続く一本道が分かれるY字路で、一人の少女が消息を絶った。犯人は不明のまま十年の時が過ぎ、少女の祖父の五郎や直前まで一緒にいた紡は罪悪感を抱えたままだった。だが、当初から疑われていた無職の男・豪士の存在が関係者たちを徐々に狂わせていく……。(「青田Y字路」)痴情、ギャンブル、過疎の閉鎖空間、豪奢な生活……幸せな生活を願う人々が陥穽に落ちた瞬間の叫びとは? 人間の真実を炙り出す小説集。


メディアミックス情報

NEWS

映画「楽園」

10/18(金)全国ロードショー
出演:綾野剛 杉咲花 / 佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊) 
監督・脚本:瀬々敬久 
© 2019「楽園」製作委員会

映画「楽園」特報

「犯罪小説集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 吉田修一さんの小説は長編の「悪人」以来の久しぶりです。これは5つの短編が収められていて、来月に映画が公開されるというので読んでみました。二つの作品が映画化されるようです。悪人のときもそうでしたが、この 吉田修一さんの小説は長編の「悪人」以来の久しぶりです。これは5つの短編が収められていて、来月に映画が公開されるというので読んでみました。二つの作品が映画化されるようです。悪人のときもそうでしたが、この作者はかなり重い感じで救いがないような作品が多いので敬遠していましたが読んでみるとやはりうまいなあという箇所が随所に現れていました。ただやはりわたしにとっては苦手な部分も多かった、と感じました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年09月23日
    146人がナイス!しています
  • 犯罪にまつわる短編集。一編一編、すぐに掴まれる話運びの巧みさは流石。共通点は冒頭から胸騒ぎと嫌な予感で心がざわつく感じが漂ってること。自分と関係ない世界観なはずなのにこんな経験したなとか、こんなやつ昔 犯罪にまつわる短編集。一編一編、すぐに掴まれる話運びの巧みさは流石。共通点は冒頭から胸騒ぎと嫌な予感で心がざわつく感じが漂ってること。自分と関係ない世界観なはずなのにこんな経験したなとか、こんなやつ昔居たなと思わせる、細かなディテイルを描写していく巧さがすごい。「曼珠姫午睡」と「白球白蛇伝」、犯罪をした昔の同級生の人生をなぞりながら自身を振り返る主婦の話。後者はプロ野球選手のスターの転落。ありがちなストーリーを想像するが、それを超えるのとリアリティが同居できるのが吉田修一作品。最後の一頁で泣いた。 …続きを読む
    小説を最初に書いた人にありがとう
    2018年12月24日
    117人がナイス!しています
  • 映画化されたという事で読んでみました。ギリギリ間に合った(笑)個人的に好みなモヤモヤ系の短編集ですね。吉田さんて短編でもディテールの作り込みが丁寧で、しっかりその世界にはまってしまいます。映画楽しみー 映画化されたという事で読んでみました。ギリギリ間に合った(笑)個人的に好みなモヤモヤ系の短編集ですね。吉田さんて短編でもディテールの作り込みが丁寧で、しっかりその世界にはまってしまいます。映画楽しみー! …続きを読む
    H!deking
    2019年10月10日
    109人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

読みだしたら止まらない。 小説なのに、まるで自分の身に起きたようなリアル感は、読み終えた後にテレビドラマを見ていたような臨場感が興奮を呼ぶ。  秋の夜長に、寝不足注意!◎シャネルのママ さん (女性・50代・会社員)

犯罪小説の名手が贈るその名も犯罪小説集!どの物語も情景描写がやけにリアルでドキドキしながらページをめくった。
人間の持ってる汚い部分、悲しみなどを見事にえぐりだし心に突き刺さる珠玉の小説集!!◎アポロン さん (男性・40代・会社員)

犯罪者の手記?と思うほどリアルで、自分の目の前で起きているかのような臨場感、当事者になったかのような気持ちにもなり、読み進んでいくうちにどんどん心拍数が上がっていきました。◎虹の母 さん (女性・30代・主婦)

著者紹介

吉田 修一(よしだ・しゅういち)

1968年長崎市生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『女たちは二度遊ぶ』『怒り』『森は知っている』『橋を渡る』など多数。

最近チェックした商品