犯罪小説集

映画化作品

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041073865

映画化作品

犯罪小説集

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041073865

人はなぜ、罪を犯すのか?

本作を原作にした映画『楽園』2019年秋公開! 出演 綾野剛 杉咲花/佐藤浩市 監督・脚本 瀬々敬久
人はなぜ、罪を犯すのか? 『怒り』『国宝』の著者、最新文庫化!
田園に続く一本道が分かれるY字路で、一人の少女が消息を絶った。犯人は不明のまま十年の時が過ぎ、少女の祖父の五郎や直前まで一緒にいた紡は罪悪感を抱えたままだった。だが、当初から疑われていた無職の男・豪士の存在が関係者たちを徐々に狂わせていく……。(「青田Y字路」)痴情、ギャンブル、過疎の閉鎖空間、豪奢な生活……幸せな生活を願う人々が陥穽に落ちた瞬間の叫びとは? 人間の真実を炙り出す小説集。


メディアミックス情報

NEWS

映画「楽園」

10/18(金)全国ロードショー
出演:綾野剛 杉咲花 / 佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊) 
監督・脚本:瀬々敬久 
© 2019「楽園」製作委員会

映画「楽園」特報

「犯罪小説集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 吉田修一さんの小説は長編の「悪人」以来の久しぶりです。これは5つの短編が収められていて、来月に映画が公開されるというので読んでみました。二つの作品が映画化されるようです。悪人のときもそうでしたが、この 吉田修一さんの小説は長編の「悪人」以来の久しぶりです。これは5つの短編が収められていて、来月に映画が公開されるというので読んでみました。二つの作品が映画化されるようです。悪人のときもそうでしたが、この作者はかなり重い感じで救いがないような作品が多いので敬遠していましたが読んでみるとやはりうまいなあという箇所が随所に現れていました。ただやはりわたしにとっては苦手な部分も多かった、と感じました。 …続きを読む
    KAZOO
    2019年09月23日
    165人がナイス!しています
  • 映画化ということで。実際のモデルとなった事件をもとに書いたらしく、この世界観を出せる著者の力量は凄いの一言。読んでいて犯人の心情が伝わりどうしようもない閉塞感感じながら読了。第2弾も出ていて楽しみ。 映画化ということで。実際のモデルとなった事件をもとに書いたらしく、この世界観を出せる著者の力量は凄いの一言。読んでいて犯人の心情が伝わりどうしようもない閉塞感感じながら読了。第2弾も出ていて楽しみ。
    ナイスネイチャ
    2019年10月30日
    135人がナイス!しています
  • 実際に起こった事件を下地に書かれた犯罪小説集。改めて吉田修一さんの凄さを実感しました。犯罪を犯してしまう、悪に傾いてしまう感情が見事に描かれています。実際にあった事件がベースだけに救いのない後味の悪さ 実際に起こった事件を下地に書かれた犯罪小説集。改めて吉田修一さんの凄さを実感しました。犯罪を犯してしまう、悪に傾いてしまう感情が見事に描かれています。実際にあった事件がベースだけに救いのない後味の悪さがずっしりのしかかってきます。映画のタイトルは楽園ですね。うーむ。 【カドフェス 2019】 …続きを読む
    ゴンゾウ
    2019年10月25日
    121人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

読みだしたら止まらない。 小説なのに、まるで自分の身に起きたようなリアル感は、読み終えた後にテレビドラマを見ていたような臨場感が興奮を呼ぶ。  秋の夜長に、寝不足注意!◎シャネルのママ さん (女性・50代・会社員)

犯罪小説の名手が贈るその名も犯罪小説集!どの物語も情景描写がやけにリアルでドキドキしながらページをめくった。
人間の持ってる汚い部分、悲しみなどを見事にえぐりだし心に突き刺さる珠玉の小説集!!◎アポロン さん (男性・40代・会社員)

犯罪者の手記?と思うほどリアルで、自分の目の前で起きているかのような臨場感、当事者になったかのような気持ちにもなり、読み進んでいくうちにどんどん心拍数が上がっていきました。◎虹の母 さん (女性・30代・主婦)

著者紹介

吉田 修一(よしだ・しゅういち)

1968年長崎市生まれ。97年「最後の息子」で第84回文學界新人賞を受賞し作家デビュー。2002年『パレード』で第15回山本周五郎賞、同年『パーク・ライフ』で第127回芥川賞を受賞。07年『悪人』で第61回毎日出版文化賞と、第34回大佛次郎賞。10年『横道世之介』で第23回柴田錬三郎賞を受賞。著書に『女たちは二度遊ぶ』『怒り』『森は知っている』『橋を渡る』など多数。

最近チェックした商品