角川文庫

犯罪小説集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041073865
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

犯罪小説集

  • 著者 吉田 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041073865

人はなぜ、罪を犯すのか?

本作を原作にした映画『楽園』2019年秋公開! 出演 綾野剛 杉咲花/佐藤浩市 監督・脚本 瀬々敬久
人はなぜ、罪を犯すのか? 『怒り』『国宝』の著者、最新文庫化!
田園に続く一本道が分かれるY字路で、一人の少女が消息を絶った。犯人は不明のまま十年の時が過ぎ、少女の祖父の五郎や直前まで一緒にいた紡は罪悪感を抱えたままだった。だが、当初から疑われていた無職の男・豪士の存在が関係者たちを徐々に狂わせていく……。(「青田Y字路」)痴情、ギャンブル、過疎の閉鎖空間、豪奢な生活……幸せな生活を願う人々が陥穽に落ちた瞬間の叫びとは? 人間の真実を炙り出す小説集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「犯罪小説集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 犯罪にまつわる短編集。一編一編、すぐに掴まれる話運びの巧みさは流石。共通点は冒頭から胸騒ぎと嫌な予感で心がざわつく感じが漂ってること。自分と関係ない世界観なはずなのにこんな経験したなとか、こんなやつ昔 犯罪にまつわる短編集。一編一編、すぐに掴まれる話運びの巧みさは流石。共通点は冒頭から胸騒ぎと嫌な予感で心がざわつく感じが漂ってること。自分と関係ない世界観なはずなのにこんな経験したなとか、こんなやつ昔居たなと思わせる、細かなディテイルを描写していく巧さがすごい。「曼珠姫午睡」と「白球白蛇伝」、犯罪をした昔の同級生の人生をなぞりながら自身を振り返る主婦の話。後者はプロ野球選手のスターの転落。ありがちなストーリーを想像するが、それを超えるのとリアリティが同居できるのが吉田修一作品。最後の一頁で泣いた。 …続きを読む
    小説を最初に書いた人にありがとう
    2018年12月24日
    115人がナイス!しています
  • 実際に起きた事件を元ネタにした短編5本の犯罪小説集。事件を起こした犯罪者たちの人生や背景や環境を物語ることで、「あっち側」と思われがちな犯罪者を、我々読書と同じまな板に乗せ、他人事だと思わせない。犯罪 実際に起きた事件を元ネタにした短編5本の犯罪小説集。事件を起こした犯罪者たちの人生や背景や環境を物語ることで、「あっち側」と思われがちな犯罪者を、我々読書と同じまな板に乗せ、他人事だと思わせない。犯罪を起こす理由は様々だが、疑心、色欲、孤独、見栄など、その発端は誰もが持っている感情に過ぎない。だからこそ、社会の一部である犯罪を一方的に断罪するのではなく、犯罪者の「人間」ぶりを追求することが必要なんだと思う。 …続きを読む
    かみぶくろ
    2018年12月22日
    89人がナイス!しています
  • 実際にあった事件を彷彿させる犯罪の背景を描いた短編集。些細な誤解の積み重ねや、つまらない見栄と欲望が次第に膨らみ、気づけば当人にもどうしようもないほど大きな問題になってしまう。犯罪者の目線で語られてい 実際にあった事件を彷彿させる犯罪の背景を描いた短編集。些細な誤解の積み重ねや、つまらない見栄と欲望が次第に膨らみ、気づけば当人にもどうしようもないほど大きな問題になってしまう。犯罪者の目線で語られているわけではないのに、そこにいたるまでの経緯や心情が臨場感をともない伝染し、重くのしかかってくる。誰が何が悪かったのか、いつどこで引き返せばよかったのか。余白を残した終わり方が余韻へと繋がり、本を閉じても感情が渦巻いて静まらない。嘆息とともに吉田氏の才能に改めて感嘆。 …続きを読む
    アッシュ姉
    2018年12月19日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

読みだしたら止まらない。 小説なのに、まるで自分の身に起きたようなリアル感は、読み終えた後にテレビドラマを見ていたような臨場感が興奮を呼ぶ。  秋の夜長に、寝不足注意!◎シャネルのママ さん (女性・50代・会社員)

犯罪小説の名手が贈るその名も犯罪小説集!どの物語も情景描写がやけにリアルでドキドキしながらページをめくった。
人間の持ってる汚い部分、悲しみなどを見事にえぐりだし心に突き刺さる珠玉の小説集!!◎アポロン さん (男性・40代・会社員)

犯罪者の手記?と思うほどリアルで、自分の目の前で起きているかのような臨場感、当事者になったかのような気持ちにもなり、読み進んでいくうちにどんどん心拍数が上がっていきました。◎虹の母 さん (女性・30代・主婦)

最近チェックした商品