天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞

天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年12月22日
商品形態:
電子書籍

天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞

  • 訳・解説 今井 秀和
  • 著者 平田 篤胤
発売日:
2018年12月22日
商品形態:
電子書籍

江戸時代、天狗にさらわれた少年がいた!?

江戸時代の国学者・平田篤胤が出会った寅吉少年は、「天狗の国に行った」と語る。天狗界の生き物、文字、乗り物、まじない……驚くほど詳細な、異界の文化とは? やさしい現代語訳で江戸の大騒動が蘇る!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 江戸時代後期に仙境と江戸を行き来している少年がいると噂になり今で言う民俗学や妖怪やら異世界を勉強していた平田篤胤が取材した本を現代語訳して上下巻を一冊にしてくれている、なんと有難い本。が、これで現代語 江戸時代後期に仙境と江戸を行き来している少年がいると噂になり今で言う民俗学や妖怪やら異世界を勉強していた平田篤胤が取材した本を現代語訳して上下巻を一冊にしてくれている、なんと有難い本。が、これで現代語訳⁉️と感じる程、私には難しかった。けれど頭を柔らかくして読むとアブダクションされた?宇宙人?とかなかなかに興味深い。「さらわれた」という言葉から予想していた内容と違うので肩透かしだけど“色々と移動出来る”少年の話は信じるか信じないかはあなた次第です❢って感じで考察に値する奇書である。ただ謎が深まったなぁ❢ …続きを読む
    ちゃかちん(積読44)
    2020年02月26日
    44人がナイス!しています
  • 「仙境異聞」。なんとも怪しさ満点でワクワクするタイトル。江戸時代の国学者である平田篤胤が、寅吉という少年から聞いた摩訶不思議な体験談を集めた本を現代語訳したのが本作だ。怪しい老人に連れられて、天狗が住 「仙境異聞」。なんとも怪しさ満点でワクワクするタイトル。江戸時代の国学者である平田篤胤が、寅吉という少年から聞いた摩訶不思議な体験談を集めた本を現代語訳したのが本作だ。怪しい老人に連れられて、天狗が住むという仙境に出入りするようになった寅吉の話がいちいちリアルで面白い。不思議な生き物が出てきたり、かと思えば現世とさほど変わらぬ様子も垣間見えたり。興味津々で根掘り葉掘り聞きまくる篤胤らの様子も滑稽で楽しい。くどいくらいの注釈も真面目に怪しくて効果的。思わず仙境の存在を信じたくなる、そんな愉快な一冊だ。 …続きを読む
    じゃがー
    2019年02月18日
    34人がナイス!しています
  • 寅吉少年の話は水木しげる『神秘家列伝 其ノ四』で知ってはいたが、『仙境異聞』は未読。天狗にさらわれて不思議な力や異界の知識を持つ寅吉少年と、寅吉の話に夢中になりお菓子で気をひこうとしたり、男色について 寅吉少年の話は水木しげる『神秘家列伝 其ノ四』で知ってはいたが、『仙境異聞』は未読。天狗にさらわれて不思議な力や異界の知識を持つ寅吉少年と、寅吉の話に夢中になりお菓子で気をひこうとしたり、男色について自分では聞きにくかったので門人にこっそりと尋ねさせていたりする平田篤胤の様子がほほえましい。真相は修験道者に連れまわされて修行をしていた利発な少年といったところか。現代語訳で読みやすいが抄訳の為ちくま文庫版も気になる。 …続きを読む
    あーびん
    2019年01月04日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品