天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044004262

天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞

  • 訳・解説 今井 秀和
  • 著者 平田 篤胤
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784044004262

江戸時代、天狗にさらわれた少年がいた!?

時は江戸時代、文政年間。天狗や山人の世界と行き来することができると語る少年が現れた。「不思議な老人にいざなわれ、壺に入って空を飛び、たどり着いたところは天狗の修行場だった――」。少年の語る、事細かで不思議な仙境譚に、篤胤ら大人たちもすっかり夢中。生き物や食べ物、占いや妖術、妖怪や妖魔など奇想天外な話の数々で江戸の町に一大天狗旋風を巻き起こした。果たして天狗話は嘘か真か。待望の現代語訳版!

(目次)
はじめに
『仙境異聞』上
天狗小僧の噂/篤胤、寅吉に会う/寅吉、篤胤を神様と呼ぶ/寅吉、謎の老人に出会う/壺に入って空を飛ぶ/わいわい天王と山の異人/山での修行/寺での生活と父の死/占いを始める/寺から家に帰される/山の師と伊勢、東北へ/筑波山の社家に弟子入り/師、杉山僧正と名乗る/一瞬で浅草へ/兄弟で神仏論争/山崎美成との出会い/知識人たちとの出会い/美成とのやりとり/岩笛、風炮のこと/書法のこと/竹笛のこと/寅吉、呪いをする/風の神の幣帛/常陸の山に修行へ/家族との別れ/寅吉が去ってから/訪れるもの/印相に関する問答/荻野梅塢との論争/全身の精気、油になること/山人の杖/山周りのこと/山人の忙しさ/師の名前/女嶋のこと/岩間十三天狗/鉄を食う獣のこと/異界の着物/時の速さと長命の関わり/みそぎとみそはぎ/穿山甲、千山鯉/鷲、河童にさらわれる人/ナンジャモンジャの木/浜町、使用人の神隠し/天狗と大杉明神、弘法大師/狐使い、狐つき/山中の妖魔/妖怪「ノブスマ」/空飛ぶ船/もう一人の仙童/河童のこと/妖怪「蓑虫」/妖怪「豆つま」/「豆つま」に似たこと/モグラとナマコ/魂の行方/天狗の色々/七韶舞のこと/九頭竜の姿/火事と天狗/忍術法 ほか
『仙境異聞』下(仙童寅吉物語)


メディアミックス情報

NEWS

「天狗にさらわれた少年 抄訳仙境異聞」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「仙境異聞」。なんとも怪しさ満点でワクワクするタイトル。江戸時代の国学者である平田篤胤が、寅吉という少年から聞いた摩訶不思議な体験談を集めた本を現代語訳したのが本作だ。怪しい老人に連れられて、天狗が住 「仙境異聞」。なんとも怪しさ満点でワクワクするタイトル。江戸時代の国学者である平田篤胤が、寅吉という少年から聞いた摩訶不思議な体験談を集めた本を現代語訳したのが本作だ。怪しい老人に連れられて、天狗が住むという仙境に出入りするようになった寅吉の話がいちいちリアルで面白い。不思議な生き物が出てきたり、かと思えば現世とさほど変わらぬ様子も垣間見えたり。興味津々で根掘り葉掘り聞きまくる篤胤らの様子も滑稽で楽しい。くどいくらいの注釈も真面目に怪しくて効果的。思わず仙境の存在を信じたくなる、そんな愉快な一冊だ。 …続きを読む
    じゃがー
    2019年02月18日
    33人がナイス!しています
  • 寅吉少年の話は水木しげる『神秘家列伝 其ノ四』で知ってはいたが、『仙境異聞』は未読。天狗にさらわれて不思議な力や異界の知識を持つ寅吉少年と、寅吉の話に夢中になりお菓子で気をひこうとしたり、男色について 寅吉少年の話は水木しげる『神秘家列伝 其ノ四』で知ってはいたが、『仙境異聞』は未読。天狗にさらわれて不思議な力や異界の知識を持つ寅吉少年と、寅吉の話に夢中になりお菓子で気をひこうとしたり、男色について自分では聞きにくかったので門人にこっそりと尋ねさせていたりする平田篤胤の様子がほほえましい。真相は修験道者に連れまわされて修行をしていた利発な少年といったところか。現代語訳で読みやすいが抄訳の為ちくま文庫版も気になる。 …続きを読む
    あーびん
    2019年01月04日
    18人がナイス!しています
  • 江戸時代に天狗と暮らしたことがあるという少年から聞き取ったものをまとめた本の現代語訳。Twitterで見てから読みたいなと思っていたので本になってとても嬉しい。太陽のフレアを予見していたような記述など 江戸時代に天狗と暮らしたことがあるという少年から聞き取ったものをまとめた本の現代語訳。Twitterで見てから読みたいなと思っていたので本になってとても嬉しい。太陽のフレアを予見していたような記述など、非現実とは思えなくてこういう異界の話はワクワクしてしまう。人々の願いを叶えないといけなくて忙しい、という話で、山人や天狗も大変なんだなとふむふむと読んだ。 …続きを読む
    波璃子
    2019年01月22日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品