名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784040728742

名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を2

  • 著者 ミズノアユム
  • イラスト 切符
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784040728742

少年と少女は、失われた戦場を駆る。刻んだ約束を果たす日まで。

分断された世界で、約束を果たすため奔走するクロトとロア。しかし、かつて命を散らした英雄・水の精霊使いリュシエールの帰還が、新たな戦場の予兆となって――世界の隔たりが綻ぶとき、二人の意思は再び交錯する。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「名もなき竜に戦場を、穢れなき姫に楽園を2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ジグローゼスとメフィエラの戦争を終わらせ、其々の場所に戻ったクロトとロアだったが、様々な問題が残された「名前のない荒野」で、ある事からクロトは過去の英雄であるリュシエールと出会い…と言うお話です。今巻 ジグローゼスとメフィエラの戦争を終わらせ、其々の場所に戻ったクロトとロアだったが、様々な問題が残された「名前のない荒野」で、ある事からクロトは過去の英雄であるリュシエールと出会い…と言うお話です。今巻もとても面白かったです。最初はクロト達に対して理解が早いと思われていたシエラの、その受容度の高さの理由だとか、ロアがクゥランと再会してからの怒涛の展開だとか…、とても凝縮されていたけれど読み応えのある内容でした。ムゥはとても好みなキャラなので出来ることなら次巻以降も→ …続きを読む
    まるぼろ
    2019年03月10日
    13人がナイス!しています
  • 百年にわたり、戦いを繰り広げた魔導王国ジグローゼスと機械帝国メフィエラ。この二国は「同じ世界の存在」ではなく、遥か上空にあった魔導要塞によって繋がれていたという事が判明。ジグローゼスのクロト、メフィエ 百年にわたり、戦いを繰り広げた魔導王国ジグローゼスと機械帝国メフィエラ。この二国は「同じ世界の存在」ではなく、遥か上空にあった魔導要塞によって繋がれていたという事が判明。ジグローゼスのクロト、メフィエラのロア、それぞれの国の“英雄”が魔導要塞を破壊、世界を分断し、戦争は終結した…というのが前巻で、凄いな!と思い、えっ、続編出てるの、どうするの!?と読み始める前は心配したのですが、杞憂でした。今巻メインとなるのはジグローゼスで、国軍のほとんどは戦争終結を納得せず、クロトは獣騎兵らを守りつつ奔走します(続く …続きを読む
    緋莢
    2020年05月07日
    12人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 1巻で上手くまとまっていたのでどう続けるんだろうと思ったが、うーんという感じ。話の流れとしては自然かもしれないが、面白いと言われると何かもう一味欲しい気も。退場したと思ったキャラが普通に復 ★★★☆☆ 1巻で上手くまとまっていたのでどう続けるんだろうと思ったが、うーんという感じ。話の流れとしては自然かもしれないが、面白いと言われると何かもう一味欲しい気も。退場したと思ったキャラが普通に復活したり、設定が色々と増えて「しまったり」と。難癖なのだが綺麗すぎてどうにもパンチが足りない印象。 …続きを読む
    じお
    2020年12月05日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品