世界を愛するランダム・ウォーカー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
376
ISBN:
9784048939591

世界を愛するランダム・ウォーカー

  • 著者 西 条陽
  • イラスト 細居 美恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
376
ISBN:
9784048939591

凸凹調査官コンビが遭遇する、新たな世界の謎とは。

 深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
 調査官であるヨキとシュカが今回向かった先は、水上都市グランナーレ。音楽に愛されたこの街で、今宵世にも奇妙な音楽会が開かれるという。
 曰く、音楽会に参加すると、己の求める死者と邂逅する事ができるというのだが――。
 ほか、春が来ない里、物理法則が乱れた学術都市など、五つの謎を巡る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界を愛するランダム・ウォーカー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 深く、広い世界。その全てを知るため旅するヨキとシュカが五つの謎を巡るシリーズ第2弾。ドキドキワクワクしたり、胸がキュンと来たり、切なくなったりー。様々な国を舞台にしたそんな色とりどりの物語で楽しませて 深く、広い世界。その全てを知るため旅するヨキとシュカが五つの謎を巡るシリーズ第2弾。ドキドキワクワクしたり、胸がキュンと来たり、切なくなったりー。様々な国を舞台にしたそんな色とりどりの物語で楽しませてくれる本作。広大で壮大な世界、こんな世界があったら良いなとか、自分がその国にシュカ達と共に訪れていたらどう思ったのだろうとか、色々と妄想したりしながら楽しく読ませて貰いました。どこまでも大きく広がっていく世界。未知が多いからこそ、この物語に限界は無い。次はどんな謎が待ってるのか。期待に胸膨らませて待ってます。 …続きを読む
    まりも
    2018年10月14日
    43人がナイス!しています
  • ゴシック・ホラー、正統派ファンタジー、恋愛もの、サムライチャンプルー(ジャンル不明)、ミュータントSF、何を描いてもおもしろい。一番好きなのは『星の侵略者』かなぁ。動物と人間の友情ってすごい涙腺にくる ゴシック・ホラー、正統派ファンタジー、恋愛もの、サムライチャンプルー(ジャンル不明)、ミュータントSF、何を描いてもおもしろい。一番好きなのは『星の侵略者』かなぁ。動物と人間の友情ってすごい涙腺にくる。できればタウも生き残って、これからの旅の一員になってほしかった。サムライチャンプルーだけ異色すぎだろと思ったら、執筆者はファンクの方か。真面目な話とネタの落差も、この作品の醍醐味のひとつ。ソッコーで3巻も出るようだし、期待が募るばかり。 …続きを読む
    成瀬雯悟
    2019年04月02日
    20人がナイス!しています
  • セントラルから派遣された調査官のヨキとシュカの世界の未知を観察する物語、第二弾です。今巻もまた未知なる発見な物語揃いで、それでもって本来は大事な出来事な筈な所を、傍観すると言いつつも当事者の幸せの為に セントラルから派遣された調査官のヨキとシュカの世界の未知を観察する物語、第二弾です。今巻もまた未知なる発見な物語揃いで、それでもって本来は大事な出来事な筈な所を、傍観すると言いつつも当事者の幸せの為に丸く収まる様に奔走する所がとても良かったです。今巻で個人的に好きな話だったのは、第三章のリックとロルカの話でした。その次のビート侍も良い感じでブッ飛んでて面白かったですが…w また前巻に登場していたラシャも登場したり、モノリス絡みの話もあったりでそう言った面でも面白かったです。次巻もまた楽しみです。 …続きを読む
    まるぼろ
    2018年10月20日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品