天地の狭間のランダム・ウォーカー

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784049122053

天地の狭間のランダム・ウォーカー

  • 著者 西 条陽
  • イラスト 細居 美恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
264
ISBN:
9784049122053

きっとあなたの心を震わせる。世界の謎を解き明かす、珠玉のファンタジー。

 深く広い世界を調査するべく派遣された天空国家セントラルの調査官・ヨキとシュカ。
 彼らが今回調査するのは、シュマルカン大陵原と呼ばれる、剣の腕が最も重要視される地。そこには、世界を創世したと言われる剣が存在し――。
 ほか、千年前に書かれた聖典通りの奇跡が起こる湖畔の街の調査。さらには任侠に生きたある男の物語や、今まで詳細が明かされて来なかったシュカが調査官になるきっかけを描いた物語など、全四編を収録。
  • ライトノベルEXPO
    ライトノベルEXPO

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「天地の狭間のランダム・ウォーカー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 剣の腕が重要視される地、聖典の奇跡が起きた街、任侠に生きた男の生き様、シュカが調査官になるきっかけの4本を描いたシリーズ第三弾。嗚呼、なんて美しくて切なくて眩しい物語なんだろう。未知なる世界への胸踊る 剣の腕が重要視される地、聖典の奇跡が起きた街、任侠に生きた男の生き様、シュカが調査官になるきっかけの4本を描いたシリーズ第三弾。嗚呼、なんて美しくて切なくて眩しい物語なんだろう。未知なる世界への胸踊るワクワク感、そこで起きるドラマティックな展開。どの短編もとても素敵で心に残ったけど、その中でも一番好きなのは「月夜に架かる橋」。シリーズのラストを飾るに相応しい物語であると同時にこれからも続くであろう2人の旅に想いを馳せるほんとうに素晴らしい内容だった。ここで完結と言わずこれからも続けてほしいな。 …続きを読む
    まりも
    2018年12月16日
    30人がナイス!しています
  • 剣の腕が重要視される地、聖典の奇跡が実行される地などを訪れる中、ヨキとシュカの昔話が語られる今巻。―――大切なのは、自分の心の叫びのままに。 二人の昔話という過去、そして様々な地を訪ね知る未来の可能性 剣の腕が重要視される地、聖典の奇跡が実行される地などを訪れる中、ヨキとシュカの昔話が語られる今巻。―――大切なのは、自分の心の叫びのままに。 二人の昔話という過去、そして様々な地を訪ね知る未来の可能性。天地の狭間で昔と今、未来が交わり、彼等が大切なものを受け継ぎ始まり、未来へと繋いでいく、今までの読み味を重ねて最後に花を咲かせる巻である。正に至高、何処か心に染み入る、優しい物語である。 ここで一旦の完結とは残念な限り、いつかまた、彼等の旅がまた始まるように祈る次第である。 うん、最高に面白かった。 …続きを読む
    真白優樹
    2018年12月10日
    18人がナイス!しています
  • このシリーズが何故好きかに気づいた。それは風景描写が上手だからだ。世界の様々な地域を渡り歩く調査官の物語は、そこで起きる事件が物語の根っこだが、それが起きている各地域の情景が浮かんでくるので、読者も旅 このシリーズが何故好きかに気づいた。それは風景描写が上手だからだ。世界の様々な地域を渡り歩く調査官の物語は、そこで起きる事件が物語の根っこだが、それが起きている各地域の情景が浮かんでくるので、読者も旅をしている気になれる。今回も、剣に生きる人々が住む山水画のような国。千年前の奇跡と予言が結構いい加減に伝わっている国。渡世人が仁義を切る江戸時代的な国。そして、国土が痩せた国での調査官シュカ誕生の物語。イラストの助けもありつつ、見知らぬ世界を巡る読書の旅を満喫できた。 …続きを読む
    tomosaku
    2019年03月22日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品