世界の果てのランダム・ウォーカー

第24回電撃小説大賞《金賞》受賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048936149

第24回電撃小説大賞《金賞》受賞

世界の果てのランダム・ウォーカー

  • 著者 西 条陽
  • イラスト 細居 美恵子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784048936149

謎の遺跡、未知の生物――。広大過ぎる世界を知るため二人は往く。

第24回電撃小説大賞《金賞》受賞作!
世界を知りたいヨキと、世界を愛するシュカ。
二人が織りなす、少し不思議な物語。

 深く、広い世界。その全てを知ろうと、天空国家セントラルは各地に調査官を派遣していた。
 調査官であるヨキとシュカは、多大な個人的興味と、小指の先ほどの職務への忠誠心を胸に、様々な調査をする。
 これは二人が世界を巡り、人々と出会い、(時々)謎を解き明かす物語である。
「――とかいって、なんか凄く良い話みたいだね、ヨキ」
「どうでしょうね。僕はシュカ先輩が真面目に仕事をしてくれるなら何でもいいですけど」
 凸凹調査官コンビによる、かけがえのない時間をあなたに。

もくじ

第一章『黒い瞳』
第二章『アルナイルの自己複製機』
第三章『龍鱗病』
第四章『電子の楽園』
最終章『エスレヘム』

ピンナップ

キャラクター

シュカ

空中都市セントラルの調査官。元々軍人だったが、自ら望んで調査官となった。鉄の胃袋を持ち、本能のまま、猫のように行動をする。ヨキによく小言を言われる。

ヨキ

空中都市セントラルの調査官。”世界の謎を解き明かしたい”という欲求のもと、さまざまな場所を訪れている。シュカに理不尽な事をされがち。

おすすめコメント

短編連作ですが、一話のラストでまずやられました。
ああ、そう来るかと。
このエピソードが私は一番好きですが、その後の話も短い中に起承転結がしっかりとあって、毎話ごとに小気味よく終わっていた点を高評価しました。
印象に残ったのは後半に出てくるとあるモンスター。ゾワっとしました。
――時雨沢恵一
 【作家/電撃小説大賞・最終選考委員(代表作:『キノの旅 the Beautiful World』)】


一話ごとの肝となるSF的アイディアがバツグンに面白い。
第一話の結末にハッとさせられた。
科学では説明できない、だからこの世界は面白いと言って、主人公の2人は旅を続ける。
このクオリティで、この2人組でいつまでも彼らの旅を追って行きたいと思わせる。
――佐藤辰男
 【カドカワ株式会社 取締役相談役/電撃小説大賞・最終選考委員】

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界の果てのランダム・ウォーカー」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 天空国家セントラルの調査官であるヨキとシュカの冒険譚。短編連作でそれぞれ楽しむことが出来ました♪SFだったりホラーだったりミステリーだったりと色々なものが混ざっていて深い味わいがあります。ヨキとシュカ 天空国家セントラルの調査官であるヨキとシュカの冒険譚。短編連作でそれぞれ楽しむことが出来ました♪SFだったりホラーだったりミステリーだったりと色々なものが混ざっていて深い味わいがあります。ヨキとシュカのコンビも良いですね。普段は不真面目だけど芯が通っていて有事の時には頼りになる上司、ありがちではあるけど好きです笑 これからの2人の調査も楽しみですね♪ …続きを読む
    もも
    2018年03月13日
    50人がナイス!しています
  • 天空国家セントラルの調査官・ヨキとシュカが、未知の国や未開の地を巡る冒険譚ここに開幕。キノの旅フォロワーかと思ったら大間違い。SFやホラー、ファンタジーにミステリー。章が変わればジャンルも変わり、その 天空国家セントラルの調査官・ヨキとシュカが、未知の国や未開の地を巡る冒険譚ここに開幕。キノの旅フォロワーかと思ったら大間違い。SFやホラー、ファンタジーにミステリー。章が変わればジャンルも変わり、その時その時で色んな要素を楽しめる新しいタイプの作品。ただ楽しいだけでなく、人のエゴや価値観など、色々と考えさせられるモノもあり、ヨキとシュカと共に冒険しながら、彼等の感じた事を自分なりに解釈する事もできる。そんな味わい深い1冊でした。世界の広さと未知への好奇心。これを読むと、それが満たされる気がする。 …続きを読む
    まりも
    2018年03月13日
    48人がナイス!しています
  • ヨキとシュカが訪れる不思議としか思えない場所の数々。幻想的であり奇妙であり、2人が見ている景色は現実にありそうでドキドキするような世界観でした。「この話はそういう感じで終わるのか!」とオチに新鮮さを味 ヨキとシュカが訪れる不思議としか思えない場所の数々。幻想的であり奇妙であり、2人が見ている景色は現実にありそうでドキドキするような世界観でした。「この話はそういう感じで終わるのか!」とオチに新鮮さを味わえるエピソードが充実していましたが、個人的には「黒い瞳」と「龍鱗病」の2つが良かった。また「死は救い」という作中の言葉に対して私は今まで死=恐怖という印象があったけど、その言葉と理由を読んでいて時を重ねることが生きることにおいて1番の恐怖であることに気付かされました。また不思議な世界を覗いてみたいです。 …続きを読む
    ami*15
    2018年03月13日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品