富士見L文庫

六道先生の原稿は順調に遅れています 三

次回作は自伝的小説!? 六道先生自身も知らない“六道誕生”の謎に迫る!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040727875
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

六道先生の原稿は順調に遅れています 三

次回作は自伝的小説!? 六道先生自身も知らない“六道誕生”の謎に迫る!

  • 著者 峰守 ひろかず
  • イラスト 榊 空也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月14日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040727875

次回作は自伝的小説!? 六道先生自身も知らない“六道誕生”の謎に迫る!

文芸編集の詠見は、作家で妖怪の六道先生を担当中。相変わらず新作立ち上げに難儀していたところ、六道の書いた昭和回顧の随筆が評判に。そこで詠見は、六道の過去を巡ることで新作の着想を得られないかと思いたち?

メディアミックス情報

NEWS

「六道先生の原稿は順調に遅れています 三」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おやおや、これでシリーズ完結かぁ……何となくふたりの関係の進展を望んでいたのだが、叶わなかったのは少し残念。あくまでも仕事上でのパートナーということで、こちらのほうが大人だわ。新しいシリーズを期待して おやおや、これでシリーズ完結かぁ……何となくふたりの関係の進展を望んでいたのだが、叶わなかったのは少し残念。あくまでも仕事上でのパートナーということで、こちらのほうが大人だわ。新しいシリーズを期待しております。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2018年07月25日
    47人がナイス!しています
  • 「消えずの行灯」が切なかった。活字離れの現実の中で出版社の悲哀。もっと続くと思ってましたが、ここで終わるのが最善かもしれません。良いシリーズでした。 「消えずの行灯」が切なかった。活字離れの現実の中で出版社の悲哀。もっと続くと思ってましたが、ここで終わるのが最善かもしれません。良いシリーズでした。
    ネムコ
    2018年07月19日
    34人がナイス!しています
  • 今回で完結です。六道先生も詠美ちゃんも自分の職業について悩み、自分で先を見つけていきました。詠美ちゃんの編集者魂は最強です。これから年をとっていく六道先生のこれからの活動も見たいと思いつつも、これで最 今回で完結です。六道先生も詠美ちゃんも自分の職業について悩み、自分で先を見つけていきました。詠美ちゃんの編集者魂は最強です。これから年をとっていく六道先生のこれからの活動も見たいと思いつつも、これで最終なのは寂しいです。 …続きを読む
    にゃうぴょん
    2019年05月01日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品