流星コーリング

2020年、それは現実となる!? ラストで明かされる真実とは……

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048962933
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

流星コーリング

2020年、それは現実となる!? ラストで明かされる真実とは……

  • 著者 河邉 徹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048962933

2020年、それは現実となる!? ラストで明かされる真実とは……

2018年5月に小説『夢工場ラムレス』にて小説家デビューを果たしたWEAVERの河邉徹(Dr.)が、早くも、2作目となる小説『流星コーリング』を発表。2020年に実際に流される計画となっている人工流星をテーマにした本作品は、その舞台となる広島で繰り広げれるSF青春ストーリー。りょうと詩織、洋介と真希。4人は、広島県廿日市中央高校天文部に所属する同級生だ。星への夢を語らいながら高校生活を送っていた彼らだったが、高校三年生のある日、世界初の人工流星が広島で流されるというニュースを耳にする。衛星を打ち上げ、そこから発射された小さな「流星の素」が大気圏に突入し、「流星」になるという。そんな話を半ば信じられずにいたりょうだったが、ついに、「人工流星が流される日」が訪れる。しかし、その日を境に、りょうは次の日に進めなくなってしまう。朝を迎えるたびに「人工流星が流れた日」に戻ってしまうのりょう。その原因を解明するために、洋介、真希に相談するのだが……。そして、ラストにその真実が明らかになる……。
また、本作品と同日、河邉がメンバーとなるWEAVERからこの小説をテーマにしたアルバム『流星コーリング』もリリース。音楽と小説の融合で「流星コーリングの世界観」を作り上げる初の試み。ぜひ楽しんでほしい。

もくじ

【流星コーリング 目次】
☆ 流れ星と春の思い出
☆ 受験生と人工流星
☆ 夏の思い出と洋介とLOOP
☆ 秋の思い出と真希とLOOP
☆ 冬の思い出と詩織とLOOP
☆ 流星コーリング

メディアミックス情報

NEWS

「流星コーリング」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★✮WEAVERと言うバンドのドラムの方だそうですが寡聞にして存じ上げませんでした。新海さんとかのアニメの原作みたいな。廿日市市の高校の天文部。なんかキュンとくる青春の話かなぁと思っていたら人工 ★★★★✮WEAVERと言うバンドのドラムの方だそうですが寡聞にして存じ上げませんでした。新海さんとかのアニメの原作みたいな。廿日市市の高校の天文部。なんかキュンとくる青春の話かなぁと思っていたら人工流星の夜から先に進めなくなった主人公のSF設定でした。「あとがきにかえて」って声優さんが書いているのが本編を読む前に見たら意味が分からなかったけれど、読後に読み直したらネタバレに触れずとても上手く内容を語っていて見事だと思いました。登場人物達の広島弁も萌え要素。綺麗なお話でとても気に入りました。『黄泉がえり』 …続きを読む
    rosetta
    2019年05月16日
    15人がナイス!しています
  • 「ぶち」とか「~じゃけえ」とか、当然だけど女子の広島弁が新鮮で微笑ましく感じながら読み終えた。読み方がまずかったのかもしれないが、後半の展開に物足りなさを感じた。学校の屋上の場面は鳥肌が立った。 「ぶち」とか「~じゃけえ」とか、当然だけど女子の広島弁が新鮮で微笑ましく感じながら読み終えた。読み方がまずかったのかもしれないが、後半の展開に物足りなさを感じた。学校の屋上の場面は鳥肌が立った。
    2019年04月11日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品