流星コーリング

2020年、それは現実となる!? ラストで明かされる真実とは……

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048962933
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

流星コーリング

2020年、それは現実となる!? ラストで明かされる真実とは……

  • 著者 河邉 徹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年03月06日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048962933

2020年、それは現実となる!? ラストで明かされる真実とは……

2018年5月に小説『夢工場ラムレス』にて小説家デビューを果たしたWEAVERの河邉徹(Dr.)が、早くも、2作目となる小説『流星コーリング』を発表。2020年に実際に流される計画っとなっている人工流星をテーマにした本作品は、その舞台となる広島で繰り広げれるSF青春ストーリー。りょうと詩織、洋介と真希。4人は、広島県廿日市中央高校天文部に所属する同級生だ。星への夢を語らいながら高校生活を送っていた彼らだったが、高校三年生のある日、世界初の人工流星が広島で流されるというニュースを耳にする。衛星を打ち上げ、そこから発射された小さな「流星の素」が大気圏に突入し、「流星」になるという。そんな話を半ば信じられずにいたりょうだったが、ついに、「人工流星が流される日」が訪れる。しかし、その日を境に、りょうは次の日に進めなくなってしまう。朝を迎えるたびに「人工流星が流れた日」に戻ってしまうのりょう。その原因を解明するために、洋介、真希に相談するのだが……。そして、ラストにその真実が明らかになる……。
また、本作品と同日、河邉がメンバーとなるWEAVERからこの小説をテーマにしたアルバム『人工流星』もリリース。音楽と小説の融合で「流星コーリングの世界観」を作り上げる初の試み。ぜひ楽しんでほしい。

もくじ

【流星コーリング 目次】
☆ 流れ星と春の思い出
☆ 受験生と人工流星
☆ 夏の思い出と洋介とLOOP
☆ 秋の思い出と真希とLOOP
☆ 冬の思い出と詩織とLOOP
☆ 流星コーリング

この著者の商品

最近チェックした商品