試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784041070901

君と僕との世界再変

  • 著者 音無白野
  • イラスト 深井 涼介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年07月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784041070901

人の価値が数値化された世界で、無価値な少年が世界の命運を握る――!?

 2184年。人の価値は人間性で数値化され、それが通貨に
もなり、働かずとも衣食住が保障された楽園――通称《庭国》。
 たった一人、数値が《0》の少年・アオは、外敵から国を守
ることで生計を立て、ただ生きるためだけの毎日を送っていた。
 その任務中、負傷した少女を手助けしたことでアオの日常は
激変する――。起こりえないはずのテロ、それを皮切りに庭国
の崩壊が始まると告げる少女。「あたしは崩壊を止める為に、
今から20年後の未来から来たの。あんたも協力しなさい」
 荒廃未来の孤独な少女と楽園世界の無価値な少年、時空の十
字路で二人の異端者が出逢う時――世界は、再変される!

メディアミックス情報

NEWS

「君と僕との世界再変」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人の価値は人間性で数値化され、それが通貨となる世界になった2184年。その時代に孤独な少女と無価値な少年が出会い始まる物語ここに開幕。数値という絶対的な存在に支配されたディストピアな世界観。このしっか 人の価値は人間性で数値化され、それが通貨となる世界になった2184年。その時代に孤独な少女と無価値な少年が出会い始まる物語ここに開幕。数値という絶対的な存在に支配されたディストピアな世界観。このしっかりと練り込まれた設定と、本格的かつ硬派なSF要素。どれもが自分のストライクゾーンど真ん中で、この物語の世界にドップリとハマってしまった。SFは読みにくくて苦手という人でも気軽に読める読み易さと、しっかりとした世界観。その二つのバランスが丁度良い。是非ともこの物語の結末を最後まで見届けたい。そう思える1冊でした …続きを読む
    まりも
    2018年07月03日
    44人がナイス!しています
  • 人の価値が数値化された2184年のディストピア的な世界。働かずとも衣食住が保障された「庭国」で私掠官として働く数値が0の少年・アオが、負傷していた謎の少女・モアと出会い日常が激変していく近未来SF。数 人の価値が数値化された2184年のディストピア的な世界。働かずとも衣食住が保障された「庭国」で私掠官として働く数値が0の少年・アオが、負傷していた謎の少女・モアと出会い日常が激変していく近未来SF。数値化された価値が全ての世界で特殊な立ち位置にいるアオと、庭国崩壊阻止のために20年後の未来からやってきたモア。二人が出会い共闘することで加速していく展開の中、始まってしまう庭国崩壊とその鍵を握るアオの秘密。自称恋人のレイを加えた三角関係もあったりで、ここからどうなるのか楽しみな続巻に期待の新シリーズですね。 …続きを読む
    よっち
    2018年06月30日
    36人がナイス!しています
  • 2184年。人の価値が数値化され、それが多さが人の価値を決める《庭国》で只一人数値が0の少年アオが任務の途中に謎の少女を助けた事により話は動き出す。すごく丁寧に書かれている印象を受けた。中盤からの謎が 2184年。人の価値が数値化され、それが多さが人の価値を決める《庭国》で只一人数値が0の少年アオが任務の途中に謎の少女を助けた事により話は動き出す。すごく丁寧に書かれている印象を受けた。中盤からの謎が徐々に明かされていくところから面白くなってきたな。果たして2人は庭国の崩壊を防ぐことが出来るのであろうか? …続きを読む
    アウル
    2018年06月30日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品