星の降る家のローレン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
290
ISBN:
9784048938570

星の降る家のローレン

  • 著者 北川 恵海
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
290
ISBN:
9784048938570

2017年映画化『ちょっと今から仕事やめてくる』の著者が挑む新境地!

 母に捨てられた少年・宏助が知り合ったのは、謎多き中年画家・ローレンだった。宏助は彼を慕っていたが、やがてローレンは姿を消し生死不明となってしまう。
 大学生になった宏助のもとに、ローレンから「自分の絵を売ってほしい」と手紙が来る。絵を売るため個展を開催する宏助だが、そこで「ローレンは人殺しだ」という噂を聞く。宏助は、個展の客・雪子と一緒に真相を探り始める。雪子もまた、ローレンと関わりがあった親友・杏奈の行方を捜していた。
 過去と現在がつながったときに見えてきた、ローレンの美しい絵の中に秘められていた真実とは――!?
 親の愛情を失った子供、孤独な女子高生、子供のいない夫婦。ローレンを通して人々は『家族』という形に集約されていく――それぞれの愛が心に迫る感動作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「星の降る家のローレン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北川恵海さん初読み。行方不明の謎の画家・ローレンを探すミステリタッチな縦軸を貫きながら、ローレンに影響を受けた宏助、雪子、杏奈の青春物語が語られる展開は構成の妙もあって全く飽きずに読めた…飽きるどころ 北川恵海さん初読み。行方不明の謎の画家・ローレンを探すミステリタッチな縦軸を貫きながら、ローレンに影響を受けた宏助、雪子、杏奈の青春物語が語られる展開は構成の妙もあって全く飽きずに読めた…飽きるどころか「彼らを幸せにしてくれ~!」と祈るような気持ちで読み進めた。それは、登場人物の誰もが真面目に生きていて、その優しさや温かさに感化されたからだろう。家族の在り方や友人の大切さなど人の繋がりや人生の意味についてジンワリと伝えてくれて、終盤は何度も涙腺が緩んだ。オススメしてくれた読友さんに感謝!の良作だった。 …続きを読む
    しんたろー
    2019年05月29日
    218人がナイス!しています
  • 話のストーリーはある程度、途中で予測出来ました。読友さんに泣けると言われましたが、そう聞いてしまうと泣けるんだと期待してしまい泣けなくなってしまうのですが、今回は泣けました。自然に涙がこぼれ落ちるって 話のストーリーはある程度、途中で予測出来ました。読友さんに泣けると言われましたが、そう聞いてしまうと泣けるんだと期待してしまい泣けなくなってしまうのですが、今回は泣けました。自然に涙がこぼれ落ちるって感じでした。雪子や杏奈やローレンの章では、きっと相手はこう思っているんじゃないかな?と予測しながら生きていますが、相手はまったく違うことを考えていたり、違う世界にいる場合があるんですよね。ローレンと宏助と雪子と杏奈が出会って、出会ったことによって救われたり助けられたり、素敵な物語でした。 …続きを読む
    mariya926
    2019年07月11日
    136人がナイス!しています
  • 子供を失い離縁までした画家のローレンと孤児であった岡本宏助との交流。失踪したローレン。彼が描いた肖像画のモデルの杏奈。突然連絡が途絶えたために杏奈を探しに行く雪子と宏助。先生との間の子を身籠りそれが言 子供を失い離縁までした画家のローレンと孤児であった岡本宏助との交流。失踪したローレン。彼が描いた肖像画のモデルの杏奈。突然連絡が途絶えたために杏奈を探しに行く雪子と宏助。先生との間の子を身籠りそれが言い出せずに雪子から離れた杏奈。それにしてもローレンは本当に優しい。育児放棄の両親に育てられた宏助に養子縁組希望者の両親と引き合わせたり自暴自棄の杏奈に声をかけたりと。だからこそローレンの最期は悲しかった。宏助は、ローレンのアトリエを引き継いだのであるが自分を育てた両親からは離れずずっと一緒にいてほしかった。 …続きを読む
    テディ
    2020年02月13日
    117人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

北川 恵海(きたがわ えみ)

大阪府出身。『ちょっと今から仕事やめてくる』で第21回電撃小説大賞《メディアワークス文庫賞》を受賞しデビュー。
同作は映画化、コミックス化もされている。

最近チェックした商品