角川文庫

うちの執事に願ったならば 6

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041069912
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

うちの執事に願ったならば 6

  • 著者 高里 椎奈
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041069912

忍び寄るアゲハの罠……理想がすれ違う主従関係の行方は!?

児辺家の騒動を受けて、肩書きをなくした自分の空虚さに悩む花穎。一方衣更月は、「理想の当主」たろうとする花穎に歯がゆい思いを感じていた。そんな中、花穎は思わぬところで天草揚羽に再会し……!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「うちの執事に願ったならば 6」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「理想の当主になって頂きたいとは思わない」という衣更月の一言から、自分が“顔のない後継者”だと思い悩む花頴。一方でぎこちない主人の様子に疑問を抱いていた衣更月は、ある人物の指摘で自らの発言が誤解を生ん 「理想の当主になって頂きたいとは思わない」という衣更月の一言から、自分が“顔のない後継者”だと思い悩む花頴。一方でぎこちない主人の様子に疑問を抱いていた衣更月は、ある人物の指摘で自らの発言が誤解を生んでしまったことに気づく。そんな中、招かれた狩猟会で、花頴は臨時雇いの天草揚羽と再会。衣更月が不在の場面で、ふたたび烏丸家に揚羽の魔の手が迫る …続きを読む
    enana
    2019年01月09日
    60人がナイス!しています
  • 半熟主従コンビの2ndシーズン6作目。前作の衣更月の言葉足らずな発言に思い悩む花穎。ここまで来ても、どこか噛み合わない二人の関係がもどかしい。そんなところに懐かしのワインのコルクエピソードを出してくる 半熟主従コンビの2ndシーズン6作目。前作の衣更月の言葉足らずな発言に思い悩む花穎。ここまで来ても、どこか噛み合わない二人の関係がもどかしい。そんなところに懐かしのワインのコルクエピソードを出してくるとか狡い。けれど、これもシリーズ物の楽しいところ。今はまだ噛み合わないけれど、珠玉の当主に十全な執事という理想へきっと辿り着けるはず。今回は大好きな赤目さんと沢鷹兄妹の出番もあったので嬉しい。赤目さんが登場すると、その考えが読めないせいで物語が緊張感にも似たぴりっとした雰囲気になるのが好き。これからも楽しみ。 …続きを読む
    2019年01月06日
    51人がナイス!しています
  • 前作での衣更月失言「理想の当主になってほしいとは最早思っておりません」…が尾を引いているなぁと思いましたが、花穎も成長して落とし所が見つかった感じ。 今回はどんよりした空気感がちょっと重かった。 前作での衣更月失言「理想の当主になってほしいとは最早思っておりません」…が尾を引いているなぁと思いましたが、花穎も成長して落とし所が見つかった感じ。 今回はどんよりした空気感がちょっと重かった。
    たんぽぽ
    2019年02月12日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品