岩佐又兵衛風絵巻の謎を解く

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784047036437

岩佐又兵衛風絵巻の謎を解く

  • 著者 黒田 日出男
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年04月24日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
384
ISBN:
9784047036437

又兵衛風絵巻群はありきたりな仇討譚・復讐譚を描いたものではなかった!

又兵衛風絵巻群は、ありきたりな仇討譚・復讐譚を描いたものではなかった! 美術史家たちの評価が最も高い『山中常盤物語』。豪奢で過剰な表現の『上(浄)瑠璃物語』。最初に制作された『堀江物語』。注文主の松平忠直はなぜ、「乳母」と彼女に育てられる主人の子や、「傅」一族同士の対立・抗争の物語を選んで絵巻を描かせたのか。絵画表現と詞書を丁寧に読み解き、3つの絵巻から浮かび上がる、知られざる近世政治史に迫る。

もくじ

 プロローグ 又兵衛風絵巻とは何か
1 又兵衛風絵巻群の料紙は「特注品」――「鳥の子の間似合紙」
2 母の縁と「めのと」の愛――『山中常盤』
3 「養君」浄瑠璃姫と「めのと」の冷泉――『上瑠璃』
4 「めのと」とその一族の物語――『堀江1』・『堀江2』(1)
5 六条の「めのと」と磐瀬太郎の物語――『堀江1』・『堀江2』(2)
 エピローグ 近世初期政治史における「乳母」


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品