火の鳥12 太陽編(下)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041066416

火の鳥12 太陽編(下)

  • 著者 手塚 治虫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041066416

手塚治虫が最後に描いた「火の鳥」の太陽編完結! 充実の新装版第12巻!

地上の「光」と地下の「影」が対立する未来都市と、7世紀・壬申の乱の渦中……。
未来から古代へ、古代から未来へ往来する意識を持つ少年ハリマ(犬上)/スグルの「正義」への挑戦を通して描く終わりのない権力争い。
「信じるもの」の違いゆえに憎しみ合い、肉親を殺し、権力をわがものにしようとする者たちの闘いのドラマ、いよいよ完結。
過去も未来も、権力者はみずからを「神」と名乗る。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火の鳥12 太陽編(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大海人皇子の決起から勝利まで。天上界では地元の神々は命脈を保ちました。しかし、争いは絶えることなく延々と続き、未来世界では「影」が勝利。一方、ハリマとマリモの愛は、永い時を経て大団円を迎えるハッピーエ 大海人皇子の決起から勝利まで。天上界では地元の神々は命脈を保ちました。しかし、争いは絶えることなく延々と続き、未来世界では「影」が勝利。一方、ハリマとマリモの愛は、永い時を経て大団円を迎えるハッピーエンドに安堵。人間の欲望や、宗教の名を借りた狂気を描いたスケールの大きな、「火の鳥」としては最後の作品でした。もっと読みたかったですね。ところで、壬申の乱は672年で、その千年後は1,672年???。天上界と人間界の時間の観念は違うということでしょうか。否、千年とは途方もなく長い年月と解釈すればよいのでしょう。 …続きを読む
    キック
    2018年12月22日
    51人がナイス!しています
  • きりがないのです。とめようがありません。宗教とか信仰ってみんな人間がつくったもの、そしてどれも正しいの。正しいものどうしのあらそいはとめようがないでしょ。わるいのは宗教が権力とむすばれた時だけ。権力に きりがないのです。とめようがありません。宗教とか信仰ってみんな人間がつくったもの、そしてどれも正しいの。正しいものどうしのあらそいはとめようがないでしょ。わるいのは宗教が権力とむすばれた時だけ。権力に使われた宗教は残忍なものですわ。人間の権力は、人間の手でなくすもの。だから私は見ているだけ。 …続きを読む
    ななつ
    2019年05月27日
    41人がナイス!しています
  • 『手塚治虫の日本誕生』とでも呼びたくなる太陽編、完結。壬申の乱から千年といえば江戸時代のはずだが、限りない欲望と愚かさの二重螺旋が紡ぐ人の世は何千年を経ようとも変わりはしないということか。数奇な運命に 『手塚治虫の日本誕生』とでも呼びたくなる太陽編、完結。壬申の乱から千年といえば江戸時代のはずだが、限りない欲望と愚かさの二重螺旋が紡ぐ人の世は何千年を経ようとも変わりはしないということか。数奇な運命に翻弄されながらも人としての愛と誠を貫こうとする犬上。不毛な世界で若くして殺しを生業としてきたスグル。両者の魂は多くの人々の思いを巻き込みつつ火の鳥に導かれるように収束してゆく。諸行無常の理の中にあって、変われないという絶望と変わらないという希望の混濁。 …続きを読む
    活字スキー
    2019年07月28日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品