ばるぼら

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041088814

ばるぼら

  • 著者 手塚 治虫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
448
ISBN:
9784041088814

その正体は悪魔か、ミューズか、あるいは美倉のつくりだした幻影なのか?

耽美主義の作家、美倉洋介の家にころがりこんだフーテン娘、ばるぼら。その正体は悪魔か、ミューズか、あるいは美倉のつくりだした幻影なのか?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ばるぼら」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新装版を機に手に取る。手塚治虫のこういうテイストの作品はあまり読んだことがなく、ある種の衝撃を受けた。はたしてバルボラは本当に存在したのだろうか。運命の女であると同時に妄想・幻想の中の女でもあったので 新装版を機に手に取る。手塚治虫のこういうテイストの作品はあまり読んだことがなく、ある種の衝撃を受けた。はたしてバルボラは本当に存在したのだろうか。運命の女であると同時に妄想・幻想の中の女でもあったのではないか。余韻があるから想像も膨らむ。 …続きを読む
    佐島楓
    2019年10月27日
    63人がナイス!しています
  • オカルト色も強い本ね。これ手塚治虫さんの作品とは思えない。映画でどう表現されたのか気になる。内容的に裸が多くないか⁈破滅的な女性に入り込む主人公。妄想の女性像⁈それとも憧れの女性美⁈ばるぼらの表情は豊 オカルト色も強い本ね。これ手塚治虫さんの作品とは思えない。映画でどう表現されたのか気になる。内容的に裸が多くないか⁈破滅的な女性に入り込む主人公。妄想の女性像⁈それとも憧れの女性美⁈ばるぼらの表情は豊かね。そこに惹きつけられる魔女的な魅力があるのかなぁ。男性は、その笑みをどう感じるのか。惹きつけられるのか。映画を観てみたい。 …続きを読む
    ふぅわん
    2021年03月10日
    53人がナイス!しています
  • 母の手塚治虫コレクションのなかでも、これと「奇子」と「MW」は見つからないように読んでたなあ。このたび息子さんによって映画化されるそうで、文庫版で手に入るのは嬉しいかぎりです。わたしは女優さんの方はあ 母の手塚治虫コレクションのなかでも、これと「奇子」と「MW」は見つからないように読んでたなあ。このたび息子さんによって映画化されるそうで、文庫版で手に入るのは嬉しいかぎりです。わたしは女優さんの方はあまり好きではないのですが、美倉に稲垣吾郎さんの配役は素晴らしいと思います。 …続きを読む
    アマニョッキ
    2020年06月07日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品