火の鳥13 ギリシャ・ローマ編

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041066423

火の鳥13 ギリシャ・ローマ編

  • 著者 手塚 治虫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041066423

火の鳥はね、不死鳥ともいいます。巻末トリビュート・コミック 萩尾望都

火の鳥の生き血を飲んで不死となった王子クラブと奴隷のダイアの物語。
古代エジプトの王権争い、トロヤ戦争、ローマ専制政治を背景にした、愛と冒険のスペクタクルロマン。
『少女クラブ』に掲載されたエジプト編・ギリシャ編・ローマ編を収録。
併せて、『漫画少年』に1954-55年に連載された幻の「黎明編」を収録。

もくじ

エジプト編
ギリシャ編
ローマ編
黎明編[漫画少年版]


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火の鳥13 ギリシャ・ローマ編」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1956年から月刊『少女クラブ』にて『リボンの騎士』完結ののちに連載されたエジプト・ギリシャ・ローマ編と、54年の『ジャングル大帝』完結を受けて月刊『漫画少年』で連載された黎明編(未完)を収録。まさに 1956年から月刊『少女クラブ』にて『リボンの騎士』完結ののちに連載されたエジプト・ギリシャ・ローマ編と、54年の『ジャングル大帝』完結を受けて月刊『漫画少年』で連載された黎明編(未完)を収録。まさに火の鳥さながらに果てしなく転生を繰り返したシリーズの初期作であり、掲載誌ごとの配慮も含めて手塚作品の源流を辿る面白さはあるものの、超絶的なスケールとインパクトの『火の鳥』としては物足りなかった。カラーページは豊富ながら、画質は良くなく、漫画としての完成度もまだまだといった印象。巻末トリビュートは萩尾望都。 …続きを読む
    活字スキー
    2019年09月30日
    19人がナイス!しています
  • ギリシャ・ローマ編は絵柄からしてかなり初期の作品だったのですな。火の鳥の生き血を飲むと永遠の命を得るのでは無く3000年の命に・・・ 初期の頃は効果が薄かったのね(笑) ギリシャ・ローマ編は絵柄からしてかなり初期の作品だったのですな。火の鳥の生き血を飲むと永遠の命を得るのでは無く3000年の命に・・・ 初期の頃は効果が薄かったのね(笑)
    Masaaki Endo
    2019年01月02日
    3人がナイス!しています
  • カラーだとなんか読みにくいっていう印象。話は面白いよ。もちろんね。 カラーだとなんか読みにくいっていう印象。話は面白いよ。もちろんね。
    くろまによん
    2018年12月31日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品